新版 線路設備及び設備管理


目次

第1章 通信線路と設備
 1・1 通信線路設備の役割
 1・2 通信線路設備の機能
 1・3 通信線路設備の構成
 1・4 通信線路ケーブル
  1 加入者ケーブル  2 中継ケーブル  3 市外ケーブル
 1・5 平衡対ケーブルと同軸ケーブル
  1 平衡対ケーブル  2 同軸ケーブル
 1・6 光ファイバケーブル
  1 光の伝搬原理  2 光ファイバの分類  3 光ファイバの心線構造
  4 光ファイバの伝送特性  5 光ファイバケーブルの布設
 1・7 線路構造物
  1 地下構造物  2 架空構造物
 1・8 通信線路の実例
  1 ケーブル  2 線路構造物
 第1章 演習問題

第2章 防護技術と配線及び接続
 2・1 防護技術
  1 誘導対策  2 電食防止  3 漏話  4 雷防護  5 浸水防止  6  塩害防止
  7 鳥虫害防護
 2・2 配線法
  1 FD配線法  2 自由配線法  3 ループ配線法
 2・3 ケーブルの接続
  1 心線接続  2 ケーブル外被接続
 第2章 演習問題

第3章 土木設備と設計
 3・1 設計の方針
  1 基本的な考え方  2 設計の手順  3 地下線路の適用標準  4 地下線路形式の適用
 3・2 資料の収集
 3・3 ルート選定
 3・4 地下管路設計
  1 管路条数  2 管種の選定  3 管径  4 線形  5 管路の径間  6 土被り
 3・5 マンホール及びハンドホール
  1 マンホール・ハンドホールの占用位置  2 規格マンホール及び規格ハンドホール
  3 特殊マンホール
 3・6 とう道の設計
  1 とう道容量  2 とう道の築造工法とその適用  3 とう道の標準内のり寸法  4 ケーブル布設定規
  5 標準内のり寸法の適用  6 く形とう道  7 円形とう道  8 金物設備
 第3章 演習問題

第4章 海底線路施設
 4・1 布設ルート選定
 4・2 海底ケーブル
 4・3 布設方法
 4・4 埋設工法
  1 ジェット式埋設機  2 鋤式埋設機
 4・5 埋設技術の課題
 4・6 海底ケーブルの修理
  1 障害種別とその原因  2 障害位置判定方法  3 非埋設ケーブルの修理  4 埋設ケーブルの修理
 4・7 光海底ケーブル布設・保守・修理作業
  1 布設・保守及び修理作業  2 海底ケーブルとROV
 第4章 演習問題

第5章 設備の信頼性
 5・1 設備の信頼性とは
  1 設備の信頼性について  2 信頼性の評価尺度  3 システムの信頼度
 5・2 システムの性能測定と評価
  1 システムの性能測定と評価とは  2 CPUの性能評価  3 システムの性能測定
 5・3 システムの信頼性解析
  1 信頼性設計  2 誤動作の制御  3 障害の回復と保守
 5・4 システムの性能と信頼性の計算
  1 システムの性能計算  2 システムの信頼性と稼働率の計算  3 オンラインシステムの性能計算
 5・5 通信ネットワークの高信頼化
  1 通信ネットワーク設備故障の種類  2 高信頼化対策の考え方  3 高信頼化対策の具体例
 5・6 サービス品質管理
  1 サービス品質の種類  2 品質管理のまとめ
 第5章 演習問題

第6章 保全業務
 6・1 保全業務の分類と特徴
  1 自主計画保全業務  2 他動的保全業務  3 付帯的な保全業務  4 建設工事と保全部門
  5 商用試験などの協力  6 保全業務の特徴
 6・2 保全管理方式
  1 はじめに  2 保全管理方式の体系  3 保全サービス管理
  4 設備管理  5 不良施設の管理  6 新機器等の管理  7 異常障害の管理  8 保全状況報告
 6・3 災害対策
  1 電気通信事業者の責務と災害対策  2 災害対策の基本的な考え方  3 災害とは
  4 災害予防  5 防災に関する組織例  6 災害情報  7 応急措置  8 災害復旧工事
  9 具体的な災害対策
 6・4 通信網の保全
  1 はじめに  2 通信網保全管理の必要性  3 保全管理体系  4 通信網保全業務の概要
 6・5 保全工事用物品
  1 はじめに  2 物品取扱上の用語について  3 保全工事に使用する物品
 6・6 労働安全衛生管理
  1 総括安全衛生管理者  2 安全管理者  3 衛生管理者  4 作業主任者の選任
  5 危険有害業務の就業制限
 6・7 保全作業における有資格者
 第6章 演習問題


索引


戻る