わかる 材料力学と演習


目次

第1章 単純応力
 1.1 単位系
 1.2 応力およびひずみ
  1.2.1 垂直応力と縦ひずみ
  1.2.2 せん断応力とせん断ひずみ
  1.2.3 体積ひずみ
  1.2.4 フックの法則・重ね合わせの法則
 1.3 弾性係数間の関係
 1.4 鋼材の引張試験
 1.5 軸方向に傾斜する面の応力
 1.6 熱応力
 1.7 不静定問題
 1.8 トラス
 1.9 弾性ひずみエネルギ
 1.10 例題

第2章 ひずみエネルギと諸定理
 2.1 弾性ひずみエネルギ
 2.2 一様断面棒の弾性ひずみエネルギ
 2.3 せん断変形における弾性ひずみエネルギ
 2.4 マックスウェルの相反定理
 2.5 ベッティ・レイリーの相反定理
 2.6 カスティリアノの定理
 2.7 最小仕事の原理
 2.8 衝撃力を受ける棒
 2.9 例題

第3章 せん断力と曲げモーメント
 3.1 はりの種類
 3.2 せん断力と曲げモーメント
 3.3 せん断力と曲げモーメントの計算
 3.4 せん断力と曲げモーメントの符号
 3.5 せん断力と曲げモーメントの関係
 3.6 影響線
 3.7 例題

第4章 はりの曲げ応力
 4.1 図形の性質
  4.1.1 断面1次モーメント・図心
  4.1.2 断面2次モーメント
  4.1.3 平行軸の定理
 4.2 加法定理・減法定理
 4.3 曲げ応力
 4.4 はりのせん断応力
 4.5 例題

第5章 真直はりの変形
 5.1 はりのたわみの基礎式
 5.2 せん断力によるはりの変形
 5.3 曲げひずみエネルギ
 5.4 カスティリアノの定理
 5.5 面積モーメント法
 5.6 例題

第6章 不静定はりと種々な方法
 6.1 不静定はり
 6.2 はりの種々な解法
  6.2.1 重ね合わせ法と切断法
  6.2.2 相反定理による解法
  6.2.3 置換法
 6.3 連続はり
  6.3.1 クラペイロンの3モーメントの定理
  6.3.2 境界条件
  6.3.3 支点反力
 6.4 例題

第7章 柱
 7.1 長柱
 7.2 オイラーの座屈公式
  7.2.1 長柱の基礎方程式
 7.3 座屈荷重
  7.3.1 オイラー公式の適用限界
 7.4 長柱の実験式
  7.4.1 テトマイヤーの実験式
  7.4.2 ランキンの実験式
  7.4.3 ジョンソンの式
  7.4.4 実験式の比較曲線
 7.5 例題

第8章 丸棒のねじり
 8.1 丸棒のねじりの応力
  8.1.1 伝動軸
 8.2 薄肉円管のねじり
 8.3 ねじりによるひずみエネルギ
 8.4 例題

第9章 組合せ応力
 9.1 組合せ応力
 9.2 任意の斜面上の応力
 9.3 座標軸変換と応力
 9.4 主応力
 9.5 主せん断応力
 9.6 平面応力
 9.7 2次元応力におけるモールの応力円
 9.8 変位とひずみ
 9.9 応力とひずみの関係
  9.9.1 垂直応力と垂直ひずみの関係
  9.9.2 せん断応力とせん断ひずみの関係
 9.10 ひずみエネルギ
 9.11 例題

第10章 骨組構造
 10.1 トラス・ラーメン
 10.2 静定骨組と不静定骨組
 10.3 静定トラスの代数的解法
 10.4 静定トラスの図式解法
  10.4.1 示力図と連力図
  10.4.2 クレモナの図式解法
 10.5 トラスの変位
  10.5.1 ウィリオの変位図法
  10.5.2 カスティリアノの定理の応用
 10.6 例題

第11章 曲りはり
 11.1 純曲げを受ける曲りはりの応力
 11.2 軸力と曲げを同時に受ける曲りはりの応力
  11.2.1 曲率半径の小さいはり
  11.2.2 曲率半径の大きいはり
 11.3 曲りはりのたわみ
 11.4 例題

問題解答

付録

参考文献

索引


戻る