わかりやすい 振動工学の基礎


目次

第1章 はじめに
 1.1 振動工学で使う記号
 1.2 振動工学で使う数学の基礎
  1.2.1 微分方程式
  1.2.2 行 列
  1.2.3 行列式
  1.2.4 複素数
 第1章 演習問題

第2章 1自由度系の自由振動
 2.1 減衰のない1自由度系の自由振動
  2.1.1 おもりとばねからなる系の振動
  2.1.2 単振り子の振動
  2.1.3 物理振り子
  2.1.4 軽いはりの上のおもりの振動
 2.2 減衰のある1自由度系の自由振動
  2.2.1 粘性減衰をもつ1自由度系の運動
  2.2.2 自由振動による減衰比の求め方
 第2章 演習問題

第3章 1自由度系の強制振動
 3.1 力による励振を受ける1自由度系
 3.2 変位による励振を受ける1自由度系
 3.3 半パワー法による減衰比の測定
 第3章 演習問題

第4章 衝撃応答
 4.1 インパルス
 4.2 任意波形入力を受ける系の応答
 第4章 演習問題

第5章 2自由度系の振動
 5.1 2自由度系の自由振動
  5.1.1 運動方程式
  5.1.2 固有振動数と固有振動モード
 5.2 2自由度系の強制振動
  5.2.1 力入力を受ける場合
  5.2.2 変位入力を受ける場合
 5.3 回転を伴う振動
  5.3.1 自由振動
  5.3.2 強制振動
 第5章 演習問題

第6章 多自由度系の振動
 6.1 多自由度系の自由振動
  6.1.1 運動方程式
  6.1.2 固有値と固有ベクトル
 6.2 多自由度系の強制振動
 第6章 演習問題

第7章 連続体の振動
 7.1 弦の振動
 7.2 棒の縦振動
 7.3 棒のねじり振動
 7.4 棒のせん断振動
 7.5 自由振動
 7.6 波動方程式
 7.7 はりの曲げ振動
 7.8 はりの曲げ振動の解
 7.9 連続体の自由振動
 7.10 連続体の強制振動
 第7章 演習問題

第8章 回転体の振動
 8.1 危険速度
 8.2 不釣合い質量のある回転体による振動
 8.3 不釣合い量の釣合せ
  8.3.1 1面釣合せ
  8.3.2 2面釣合せ
 第8章 演習問題

第9章 非線形振動
 9.1 非線形特性の例
 9.2 硬化ばね特性・軟化ばね特性をもつ系の固有振動数
 9.3 断片線形復元力特性をもつ系の固有振動数
 9.4 非線形系の強制振動
 9.5 分数調波
 9.6 エネルギーを用いた等価減衰係数の計算法
 第9章 演習問題

第10章 フーリエ級数を用いた振動解析
 10.1 フーリエ級数
 10.2 フーリエ級数で表される力入力を受ける1自由度系の応答
 第10章 演習問題

第11章 不規則振動
 11.1 不規則振動を表す基礎的な統計量
 11.2 確率密度関数
 11.3 定常確率過程とエルゴード確率過程
 11.4 フーリエ変換
 11.5 相関関数とスペクトル密度
  11.5.1 自己相関関数とパワースペクトル密度関数
  11.5.2 不規則過程の種類
 11.6 線形系の不規則振動
  11.6.1 不規則振動応答特性の求め方
  11.6.2 1自由度系の応答
 第11章 演習問題

第12章 ラプラス変換を用いた振動解析
 12.1 ラプラス変換
 12.2 ラプラス逆変換
 12.3 ラプラス変換を用いた1自由度系の自由振動の解法例
  12.3.1 減衰のない1自由度系
  12.3.2 減衰のある1自由度系
 12.4 衝撃入力を受ける1自由度系の振動の解法例
 12.5 強制振動入力を受ける1自由度系の振動の解法例
 第12章 演習問題

第13章 エネルギーを用いた振動解析
 13.1 エネルギーを用いた固有振動数の計算
  13.1.1 減衰のない1自由度系
  13.1.2 回転を伴う振動
  13.1.3 連続体の振動
 13.2 ラグランジュの方程式
 13.3 ラグランジュの方程式の応用例
 第13章 演習問題

演習問題解答
索引


戻る