新版 標準 機械製図


目次

第1章 製図について
 1.1 図面
  1.1.1 図面の種類
 1.2 規格
  1.2.1 国際規格
  1.2.2 日本工業規格

第2章 製図器材とその使い方
 2.1 製図器
  2.1.1 コンパス
  2.1.2 ディバイダ
  2.1.3 比例コンパス
  2.1.4 からす口
 2.2 筆記具
  2.2.1 鉛筆
  2.2.2 製図用シャープペンシル
  2.2.3 製図フィルム用鉛筆
  2.2.4 製図ペン
  2.2.5 製図用インク
 2.3 字消し用具
  2.3.1 消し板
  2.3.2 消しゴムと電動字消し器
 2.4 定規類
  2.4.1 T定規
  2.4.2 三角定規
  2.4.3 雲形定規と自在曲線定規
  2.4.4 スケール
  2.4.5 分度器
  2.4.6 テンプレート
 2.5 レタリングセット
 2.6 製図用紙
 2.7 製図板
 2.8 製図機械

第3章 図面の様式と尺度
 3.1 用紙のサイズ
 3.2 製図用紙のサイズの選び方・呼び方
  3.2.1 A列サイズ(第1優先サイズ)
  3.2.2 特別延長サイズ(第2優先サイズ)
  3.2.3 例外延長サイズ(第3優先サイズ)
 3.3 図面の様式
  3.3.1 表題欄
  3.3.2 図面の輪郭と輪郭線
  3.3.3 中心マーク
  3.3.4 方向マーク
  3.3.5 比較目盛
  3.3.6 格子参照方式
  3.3.7 裁断マーク
  3.3.8 印刷された製図用紙
  3.3.9 部品欄と部品番号
 3.4 図面の折り方
  3.4.1 折り方の種類
  3.4.2 折りの呼び方
  3.4.3 折りたたみの許容差
  3.4.4 とじ穴
 3.5 尺度
  3.5.1 尺度の表し方
  3.5.2 推奨尺度
  3.5.3 大きい尺度の図面と部分拡大図

第4章 線
 4.1 線の種類
  4.1.1 線の基本形
  4.1.2 線の基本形の変形
  4.1.3 線の組合せ
 4.2 線の寸法
  4.2.1 線の太さの種類
  4.2.2 太さの比率による線の種類
  4.2.3 線の太さの許容値
  4.2.4 線の要素の呼び方と長さ
 4.3 線の表し方
  4.3.1 線の間隔
  4.3.2 線の交差
  4.3.3 線の描き方
  4.3.4 平行線の2番目に描く線
 4.4 線の色と線の種類の指示法
  4.4.1 線の色
  4.4.2 線の種類の指示法
 4.5 機械製図に用いる線
  4.5.1 機械製図に用いる線とその種類
  4.5.2 線の用法
  4.5.3 重なる線の優先順位
  4.5.4 線の間隔とすき間
  4.5.5 線の描き方

第5章 製図に用いる文字
 5.1 文字の種類
  5.1.1 漢字
  5.1.2 仮名
  5.1.3 ローマ字・数字及び記号・ギリシャ文字
 5.2 文字の大きさと呼びの種類
  5.2.1 文字の大きさの種類
  5.2.2 文字の大きさの組合せ
 5.3 文字の線の太さと文字間のすき間
  5.3.1 文字の線の太さ
  5.3.2 文字間のすき間とベースラインの最小ピッチ
 5.4 字句に付けるアンダラインとオーバライン
 5.5 文章

第6章 投影法
 6.1 投影法の種類
 6.2 正投影法
 6.3 軸測投影
 6.4 斜投影
 6.5 平面斜投影
 6.6 透視投影

第7章 図形の表し方
 7.1 正投影図
  7.1.1 投影図の名称
  7.1.2 正投影
 7.2 投影図の表し方
  7.2.1 投影図の選択
  7.2.2 主投影図の図示の状態
  7.2.3 補足投影図の数
  7.2.4 互いに関連する図の配置
  7.2.5 部分投影図
  7.2.6 局部投影図
  7.2.7 部分拡大図
  7.2.8 回転投影図
  7.2.9 補助投影図
 7.3 断面図
  7.3.1 断面表示の原則
  7.3.2 断面図の表し方
 7.4 図形の省略
  7.4.1 かくれ線の省略
  7.4.2 補足の投影図
  7.4.3 切断面の先方に見える線の省略
  7.4.4 一部に特定の形を持つものの図示
  7.4.5 ピッチ円上に配置する穴の省略
  7.4.6 対称図形の省略
  7.4.7 繰返し図形の省略法
  7.4.8 中間部分の省略
 7.5 特殊な図示方法
  7.5.1 相貫部分の表示
  7.5.2 平面部分と開口部
  7.5.3 展開図
  7.5.4 加工処理範囲の限定
  7.5.5 加工前・加工後の図示
  7.5.6 切断面の手前側と隣接部分の図示
  7.5.7 加工部の表示
  7.5.8 ローレット加工部の表示

第8章 寸法
 8.1 寸法の記入方法
  8.1.1 寸法記入の原則
  8.1.2 寸法記入要素
  8.1.3 寸法補助記号とその用法
  8.1.4 高さの指示方法
 8.2 寸法記入の一般的な注意事項

第9章 長さ・角度寸法の許容限界記入法
 9.1 長さ・角度寸法の許容限界の記入方法
  9.1.1 単位
  9.1.2 寸法の許容限界の指示記入方法
 9.2 長さ寸法の許容限界の記入方法
  9.2.1 記号による許容限界の記入方法
  9.2.2 寸法許容差による記入方法
  9.2.3 許容限界寸法による記入方法
  9.2.4 寸法許容差と許容限界寸法の記入順序
 9.3 組立部品の寸法許容限界の記入方法
  9.3.1 記号による記入方法
  9.3.2 数値による組立部品の許容限界の記入方法
 9.4 角度寸法の許容限界の記入方法
 9.5 普通公差
  9.5.1 長さ寸法
  9.5.2 角度寸法
  9.5.3 図面上の指示
  9.5.4 個々に公差の指示がない形体に対する幾何公差

第10章 金属材料記号
 10.1 鉄鋼記号の表し方
 10.2 非鉄金属記号の表し方
 10.3 材料記号表

第11章 標準数
 11.1 標準数の使用方法
  11.1.1 いくつかの数列を併用する
  11.1.2 誘導数列として用いる
 11.2 配列番号による計算
  11.2.1 標準数の積
  11.2.2 標準数の商
  11.2.3 標準数のベキ
  11.2.4 標準数の乗根

第12章 表面性状の図示方法
 12.1 表面粗さ
  12.1.1 粗さ曲線
  12.1.2 高さ方向のパラメータ
 12.2 表面性状図示記号とその構成
  12.2.1 表面性状図示記号
  12.2.2 表面性状の図示記号の構成
 12.3 表面性状パラメータの指示
 12.4 表面性状記号の図面記入法
  12.4.1 表面性状の要求事項の指示位置と向き
  12.4.2 外形線又は引出線・引出補助線に指示する場合
  12.4.3 寸法線に指示する場合
  12.4.4 幾何公差の公差記入枠に指示する場合
  12.4.5 寸法補助線に指示する場合
  12.4.6 円筒表面・角柱表面に指示する場合
  12.4.7 簡略図示法
  12.4.8 表面処理前後の表面性状の指示
 12.5 パラメータの標準数列と表面性状の図示の改訂の変遷
  12.5.1 表面性状パラメータの標準数列
  12.5.2 表面性状の要求事項図示の改訂の変遷
 12.6 表面性状の図示記号と図示例
  12.6.1 表面性状の図示記号
  12.6.2 補足情報がある場合の図示記号
  12.6.3 簡略的な図示記号
  12.6.4 表面性状の要求事項を指示した図示記号と図示例
  12.6.5 図示例

第13章 寸法公差及びはめあい方式
 13.1 ITの基本公差
 13.2 はめあい
  13.2.1 はめあいの種類
  13.2.2 はめあい方式
  13.2.3 公差の等級とはめあいの表示記入法
 13.3 限界ゲージ

第14章 幾何公差の表示方式
 14.1 幾何公差の種類とその特性記号
  14.1.1 記号の書体と大きさ
  14.1.2 公差記入枠の形状・寸法
 14.2 幾何公差の表示方法
  14.2.1 幾何公差の表し方
  14.2.2 公差によって規制される形体への示し方
  14.2.3 公差域
  14.2.4 データム
  14.2.5 使用してはならない旧図示方法
  14.2.6 補足事項の指示方法
  14.2.7 理論的に正確な寸法
  14.2.8 限定指示
  14.2.9 突出公差域の指示
 14.3 最大実体公差方式
  14.3.1 最大・最小実体状態
  14.3.2 最大実体公差方式の適用
  14.3.3 最小実体公差方式の適用
  14.3.4 自由状態
 14.4 公差域の定義と指示方法

第15章 ねじ
 15.1 ねじの種類
  15.1.1 メートルねじ
  15.1.2 ユニファイねじ
  15.1.3 管用ねじ
  15.1.4 電線管ねじ
 15.2 ねじの図示法
  15.2.1 ねじの実形図示
  15.2.2 通常図示
 15.3 ねじの表し方
  15.3.1 ねじの表し方の項目と構成
  15.3.2 各項目の表し方
  15.3.3 ねじ部品の指示と寸法記入
 15.4 ねじインサートの図示
  15.4.1 通常図示
  15.4.2 簡略図示
 15.5 ねじ・ねじ部品の簡略図示
  15.5.1 簡略化の程度
 15.6 ねじ部品
  15.6.1 ボルト・ナットの図示法
  15.6.2 小ねじ
  15.6.3 止ねじ
  15.6.4 タッピンねじ
 15.7 座金
  15.7.1 平座金
  15.7.2 ばね座金と歯付き座金

第16章 ばね
 16.1 ばねの種類
 16.2 ばねの図示法

第17章 軸受
 17.1 軸受の種類
 17.2 転がり軸受の図示方法
  17.2.1 基本簡略図示方法
  17.2.2 個別簡略図示方法

第18章 歯車製図
 18.1 歯車
  18.1.1 歯車の種類
  18.1.2 歯の各部の名称
  18.1.3 歯の大きさ
 18.2 歯車の図示法

第19章 締結法の表示
 19.1 リベット
 19.2 溶接
  19.2.1 溶接の種類
  19.2.2 溶接部の記号と表示法
  19.2.3 溶接記号の表示法

第20章 見取り図
 20.1 見取り図作成の目的
 20.2 見取り図作成用具
 20.3 見取り図の作成方法

第21章 配管図
 21.1 管の図示方法
  21.1.1 尺度
  21.1.2 線
  21.1.3 文字
  21.1.4 寸法記入
  21.1.5 管の交差部と接続部の表示
  21.1.6 装置の表示
  21.1.7 従来用いていた簡略図示方法
 21.2 等角投影による配管の簡略図示方法
  21.2.1 座標軸
  21.2.2 座標軸方向以外の配管の図示方法
  21.2.3 寸法記入及び特別な規則
  21.2.4 図記号
 21.3 換気系・配水系の末端装置

第22章 軸
 22.1 軸
  22.1.1 軸の直径
  22.1.2 回転軸の高さ
 22.2 軸の軸端
  22.2.1 円筒軸端
  22.2.2 円すい軸端

第23章 冷間成形リベット

第24章 ローレット目

第25章 キー及びキー溝

第26章 テーパピン

第27章 Vブロック

第28章 スパナ

第29章 はさみゲージ

第30章 電気線図
 30.1 電気線図に用いる図記号とその表示
  30.1.1 電気用図記号とその大きさ・向き・表示
  30.1.2 電気図記号
 30.2 工作機械用電気機器略号と電気図記号
  30.2.1 工作機械用電気機器略号
  30.2.2 工作機械用電気図記号

第31章 CADシステムによる設計製図
 31.1 CADシステムのハードウェア装置
  31.1.1 中央処理装置
  31.1.2 入出力装置と補助記憶装置
 31.2 CAD製図
  31.2.1 CAD製図に用いる線
  31.2.2 CAD製図に用いる文字
  31.2.3 CAD製図に用いる投影法
  31.2.4 CAD製図における形状の表し方
  31.2.5 CAD製図における寸法記入法
  31.2.6 CAD製図における図記号
  31.2.7 CAD製図における材質表示のパターン
  31.2.8 慣用図法のCAD製図への適用

第32章 図例

索引


戻る