情報技術シリーズ プログラミングの基本
     使えるJavaプログラムの作り方


目次

情報技術シリーズの発刊にあたって

まえがき

第1部 プログラミング編
 第1章 基本プログラミング
  1.1 Java言語によるプログラミング
   1.1.1 Java言語の基本
   1.1.2 Javaプログラムの基本構造
   1.1.3 プログラミングの手順
   1.1.4 デバッグのコツ
   ・演習問題
  1.2 データの入出力
   1.2.1 データの出力
   1.2.2 データの入力
   1.2.3 入出力のしくみ
   ・演習問題
  1.3 変数および式の計算
   1.3.1 変数の使い方
   1.3.2 式の書き方と計算規則
   1.3.3 型変換
   ・演習問題
  1.4 条件選択問題
   1.4.1 if文の使い方
   1.4.2 else句の使い方
   1.4.3 switch文の使い方
   ・演習問題
  1.5 繰り返し処理
   1.5.1 while文の使い方
   1.5.2 do while文の使い方
   1.5.3 for文の使い方
   1.5.4 break文の使い方
   1.5.5 配列の使い方
   ・演習問題
  1.6 メソッド処理
   1.6.1 メソッド呼び出し
   1.6.2 メソッド宣言
   1.6.3 再帰呼び出し
   1.6.4 staticでないメソッド
   ・演習問題

 第2章 応用プログラミング
  2.1 GUI処理
   2.1.1 フレームの表示
   2.1.2 フレームへの文字列の表示
   2.1.3 フレームでの文字列の入力
   2.1.4 コンポーネントの生成
   2.1.5 コンポーネントの操作
   2.1.6 コンポーネントの配置
   ・演習問題
  2.2 図形描画処理
   2.2.1 直線の描画
   2.2.2 四角形の描画
   2.2.3 楕円(円)の描画
   2.2.4 円弧の描画
   2.2.5 折れ線の描画
   2.2.6 多角形の描画
   2.2.7 画像の描画
   ・演習問題
  2.3 マウスイベント処理
   2.3.1 マウスリスナーの使い方
   2.3.2 マウスポインタの座標
   2.3.3 マウスモーションリスナーの使い方
   2.3.4 キーイベント処理
   ・演習問題
  2.4 アニメーション処理
   2.4.1 Runnableインタフェースの使い方
   2.4.2 画像を使ったアニメーションの作り方
   ・演習問題
  2.5 アプレット処理
   2.5.1 アプレットの実行
   2.5.2 アプレットの作り方
   2.5.3 アプレットによる画像の表示
   2.5.4 アプレットによる音声の再生
   2.5.5 アプリケーションとしても実行できるアプレット
   ・演習問題

第2部 プログラム設計編
 第3章 基本設計
  3.1 プログラム設計の基本
   3.1.1 よいプログラムとは
   3.1.2 よいプログラムの作り方
   3.1.3 プログラムの設計と実現
   3.1.4 プログラム設計の手順
   ・演習問題
  3.2 オブジェクト指向設計
   3.2.1 オブジェクト指向の基本
   3.2.2 オブジェクト指向言語のしくみ
   3.2.3 クラスとインタフェース
   3.2.4 オブジェクト指向プログラムの作り方
   ・演習問題
  3.3 アルゴリズム設計
   3.3.1 アルゴリズムとは
   3.3.2 構造化プログラミング
   3.3.3 手続き抽象
   3.3.4 データ抽象
   ・演習問題
  3.4 継承による設計
   3.4.1 継承の効用
   3.4.2 継承の使い方
   3.4.3 一般化によるクラスの再構成
   ・演習問題
  3.5 インタフェースによる設計
   3.5.1 インタフェースの効用
   3.5.2 インタフェースの使い方
   3.5.3 継承とインタフェースの使い分け
   ・演習問題

 第4章 実現設計
  4.1 汎用データ構造Collection
   4.1.1 Collectionクラス群の構成
   4.1.2 Collection実現クラスの使い方
   4.1.3 Iteratorの使い方
   4.1.4 ユーティリティクラスの使い方
   ・演習問題
  4.2 GUI部品Swing
   4.2.1 GUIの設計
   4.2.2 基礎GUIパッケージAWT
   4.2.3 Swing部品の構成
   4.2.4 ウィンドウの作り方
   4.2.5 コンポーネントの作り方
   4.2.6 イベント処理
   ・演習問題
  4.3 例外の処理と発生
   4.3.1 例外の処理
   4.3.2 例外の分類
   4.3.3 例外の発生
   ・演習問題
  4.4 ストリームによる入出力
   4.4.1 ストリームの考え方
   4.4.2 ストリームの分類
   4.4.3 ストリームの使い方
   4.4.4 ファイルの扱い
   4.4.5 ソケット間通信
   ・演習問題
  4.5 テキストデータの扱い
   4.5.1 文字列の処理
   4.5.2 テキスト処理の基本
   ・演習問題
  4.6 スレッドによる並行処理
   4.6.1 スレッドの考え方
   4.6.2 スレッドのふるまい
   4.6.3 スレッドの使い方
   4.6.4 スレッドの同期
   ・演習問題
  4.7 パッケージによる部品化
   4.7.1 パッケージの考え方
   4.7.2 パッケージの使用
   4.7.3 パッケージの作り方
   4.7.4 jarファイルの作り方
   ・演習問題

付録
 A. Java言語仕様のまとめ
  1. 基本要素
   1.1 定数
   1.2 変数
   1.3 配列
   1.4 式
  2. 構造化要素
   2.1 文
   2.2 条件選択処理
   2.3 繰り返し処理
   2.4 メソッド宣言
  3. 抽象化要素
   3.1 クラス
   3.2 インタフェース
   3.3 パッケージ
  4. 機能要素
   4.1 コンパイル単位
   4.2 メインクラス
   4.3 コンソール入出力
   4.4 例外処理
   4.5 スレッド
 B. Java2 SDKのインストール
  1. ダウンロード
  2. SDKのインストール
  3. 日本語版J2SEドキュメントのインストール
  4. パスの設定
 C. Java2 SDKの使い方
  1. javacコマンド
  2. javaコマンド
  3. appletviewerコマンド
 D. API仕様の調べ方

あとがき

索引


戻る