事例演習
プログラム設計と開発



目次


1章 プログラム設計の役割
 1.1 本書の位置づけ
 1.2 プログラム設計とは
 1.3 プログラム設計の記述方法
  1.3.1 データ分析の方法
  1.3.2 プログラム論理設計
  1.3.3 プログラム設計の記述事例 −クイックソート−

2章 Windowsプログラムの構成

 2.1 Windowsプログラムの基本構造
 2.2 リソースの利用
 2.3 プログラムの基本構造

事例演習1 CGプログラミング基礎

 〈1〉 プログラムの基本構造
 〈2〉 グラフィック表示特有の関数呼出しの追加
 〈3〉 MainWndProcに送られるその他のイベントメッセージとその処理方法
 〈4〉 ダイアログボックスの表示と操作

事例演習2 最短経路探索
 〈1〉 アルゴリズムの基本的なアイデア
 〈2〉 最短経路の表現方法
 〈3〉 最短経路探索アルゴリズムを考える上での基本操作
 〈4〉 プログラム設計
 〈5〉 グラフィック表示設計

事例演習3 オブジェクト管理
 〈1〉 オブジェクトは主記憶上にどのような形で存在するのか?
 〈2〉 オブジェクトの構造
 〈3〉 オブジェクトの確保と解放の方法
 〈4〉 プログラム設計
 〈5〉 プログラミング

3章 C++プログラムの構成
 3.1 C++プログラムの基本構造
  3.1.1 基本的な構成
  3.1.2 動作の順序
  3.1.3 イベントメッセージの転送
  3.1.4 C++プログラムの基本構成
  3.1.5 継承性の制御の考え方
 3.2 C++におけるプログラム設計

事例演習4 論理式の簡略化
 〈1〉 簡略化の基本的なアルゴリズム
 〈2〉 プログラム設計

事例演習5 字句解析
 〈1〉 基本的な解析手順とデータ構造
 〈2〉 プログラム設計

事例演習6 数式インタプリタ
 〈1〉 インタプリタとは?
 〈2〉 基本的なモジュール構造と実現方法
 〈3〉 モジュール手順設計1 (パーザ)
 〈4〉 モジュール手順設計2 (仮想マシン)
 〈5〉 表示動作の設計

事例演習7 数式微分
 〈1〉 微分プログラムの基本的な考え方
 〈2〉 具体的な微分操作の事例
 〈3〉 プログラム設計

参考文献

事例演習 解答例

索引


戻る