情報技術シリーズ
オペレーティングシステム[OS]基本技術 第2版



目次

情報技術シリーズの発刊にあたって

はじめに

第1章 コンピュータシステムの処理形態
 1.1 オンライン処理(即時処理)
 1.2 バッチ処理(一括処理)
  1.2.1 バッチ処理の概要
  1.2.2 バッチ処理の分類
 1.3 その他の処理形態の分類
 1.4 利用者とシステム

第2章 OSの概要
 2.1 OSとは何か
 2.2 OSを知ることの有用性
 2.3 OSの機能と構成例
 2.4 OSのインタフェース
 2.5 ソフトウェアの分類
 2.6 OSの発展

第3章 OSと性能基準
 3.1 ハードウェアだけの性能
 3.2 ソフトウェアだけの性能
 3.3 システムの性能
 3.4 記憶容量と時間の単位

第4章 コンピュータシステムの構成とOS
 4.1 基本的なシステム構成
 4.2 マルチプロセッサ構成
 4.3 マルチコアのCPUと論理プロセッサの利用
 4.4 その他のシステム構成
 4.5 OSにおけるシステム構成の管理

第5章 割込みとOS
 5.1 割込み
 5.2 割込みの種別
 5.3 割込みの検出と割込み禁止
 5.4 割込み処理とプロセス
 5.5 特権命令と非特権命令
 5.6 イベント(事象)

第6章 OSの入出力管理
 6.1 入出力の方法
 6.2 入出力の終了動作の判定方法
 6.3 OSの入出力に関連した事項

第7章 OSのプログラム管理
 7.1 プログラムとOS
 7.2 プログラムの実行
 7.3 スタティックリンクとダイナミックリンク
 7.4 プログラムファイル
 7.5 ユーザプログラムからのOSの利用
 7.6 インタプリタ方式,および中間言語による複合方式
 7.7 API,システムコール,およびライブラリの関係

第8章 OSのプロセス管理(その1)
 8.1 プロセスの概念
 8.2 マルチプログラミング
 8.3 プロセスの状態
 8.4 プロセスの種類
 8.5 プロセスの効果
 8.6 プロセスのスケジューリング方式
 8.7 プリエンプション
 8.8 マルチプロセッサシステム用のOSにおけるプロセス
 8.9 スレッド機能の有るOSと無いOS

第9章 OSのメモリ管理(記憶管理)
 9.1 メモリ管理と主記憶装置
 9.2 メモリ管理の主要な技術的変遷
 9.3 実アドレス(物理アドレス),論理アドレス,仮想アドレス
 9.4 メモリ管理のインタフェース
 9.5 メモリの利用状況の管理
 9.6 メモリの有効利用
 9.7 仮想記憶
 9.8 メモリの有効利用方式の比較
 9.9 ページ置換えアルゴリズム
 9.10 ページングとセグメンテーション
 9.11 メモリの保護
 9.12 メモリに存在するプログラムの共用
 9.13 常駐と非常駐
 9.14 キャッシュメモリとメモリ管理
 9.15 ガーベジコレクション
 9.16 静的再配置と動的再配置

第10章 OSのファイル管理
 10.1 ファイルの概念
 10.2 OSのファイル管理の概要
  10.2.1 OSのファイル管理の目的
  10.2.2 OSのファイル管理の機能
 10.3 補助記憶装置へのアクセス
 10.4 磁気ディスク装置のハードウェア
 10.5 レコード形式
 10.6 ファイルのカタログ
 10.7 ファイルの空間管理
  10.7.1 ファイル空間管理の基礎事項
  10.7.2 VTOC方式によるファイル空間管理
  10.7.3 FAT方式によるファイル空間管理
  10.7.4 NTFS
  10.7.5 パーティション,および論理ドライブ
 10.8 ファイルの競合制御
 10.9 ファイルの安全保護
 10.10 ファイル編成とファイルアクセス法
  10.10.1 プログラムからのファイルアクセス
  10.10.2 ファイルのアクセスモード
  10.10.3 バッファへのアクセス方法
  10.10.4 ファイルへのアクセス単位
  10.10.5 ファイル編成とファイルアクセス法
  10.10.6 ファイル編成とファイルアクセス法のまとめ
  10.10.7 ファイル管理のAPI,システムコール,マクロ命令
  10.10.8 パソコンにおけるOSのファイル編成
 10.11 ファイルの障害処理
  10.11.1 ファイル内容の異常の種類
  10.11.2 ファイルの復元(リカバリ)
  10.11.3 チェックポイント,コミット,ロールバック,ロールフォワード
  10.11.4 ロールバックの連鎖
  10.11.5 狭義二相ロック方式
 10.12 ネットワークのファイル
 10.13 OSのファイル管理とデータベース管理システムの比較

第11章 OSのプロセス管理(その2)
 11.1 プロセスの同期
 11.2 ロックによるプロセスの排他制御
 11.3 セマフォによる排他制御
  11.3.1 セマフォ,P操作,V操作
  11.3.2 2値セマフォ
  11.3.3 セマフォと,ロック/アンロックの比較
 11.4 マルチプロセッサシステムにおける競合制御用の機械命令
 11.5 プロセス間通信
 11.6 プロセスのデッドロック対策
  11.6.1 資源を要求中と占有中の表現
  11.6.2 デッドロック状態
  11.6.3 デッドロック対策

第12章 OSの起動・終了,および仮想化による複数OSの実行
 12.1 OSの起動と終了
 12.2 仮想化による複数OSの実行
  12.2.1 仮想化の概念
  12.2.2 仮想マシンによる仮想化
  12.2.3 ハードウェアの論理分割による仮想化

第13章 OSの利用者管理

第14章 OSと性能評価
 14.1 OSの性能評価の概要
 14.2 実測による性能評価
 14.3 数式の解析による性能評価
 14.4 シミュレーションによる性能評価

第15章 コンピュータシステムの高信頼化とOSの障害処理
 15.1 コンピュータシステムの信頼性の指標
 15.2 複合システムの稼働率
 15.3 間欠障害と永久障害
 15.4 コンピュータシステムの高信頼化対策
 15.5 ビット誤りの検出と訂正
 15.6 RAID
 15.7 クラスタリング
 15.8 無停電電源装置

第16章 OSとセキュリティ
 16.1 概要
 16.2 アクセス制御
 16.3 パスワード
 16.4 暗号
 16.5 ディジタル署名
 16.6 公開鍵基盤(PKI)
 16.7 SSL,TLS
 16.8 コンピュータウイルス,マルウェア
 16.9 セキュリティホール,脆弱性
 16.10 ファイアウォール

第17章 OSのユーザインタフェース
 17.1 CUIとGUI
 17.2 ウィンドウシステム
 17.3 マウス
 17.4 メッセージ
 17.5 コマンド

第18章 OSと互換性

第19章 OSと文字コード
 19.1 基礎概念
 19.2 文字コードの種類
  19.2.1 BCDコード(2進化10進コード)
  19.2.2 EBCDICコード(拡張2進化10進コード)
  19.2.3 ASCIIコード
  19.2.4 ISO 646コード
  19.2.5 JIS X 0201コード
  19.2.6 JIS X 0208コード
  19.2.7 シフトJIS漢字コード(シフトJISコード)
  19.2.8 UnicodeとUCS
  19.2.9 EUCコード
  19.2.10 文字コードの一覧
 19.3 エンコーディング
 19.4 文字集合の切替え
 19.5 文字コードの変換

第20章 OSの通信管理
 20.1 OSの通信管理とプロトコル
 20.2 OSI参照モデルの階層構造
 20.3 プロトコルの例
 20.4 ネットワーク内の資源の共有
 20.5 自己のネットワーク以外からのアクセス
 20.6 LANの接続とネットワークのパラメータ
  20.6.1 コンピュータとLANの接続
  20.6.2 ネットワークに関連したパラメータ
  20.6.3 インターネット用のブラウザ
 20.7 クライアント用OSとサーバ用OSの相違

第21章 OSとプログラム開発
 21.1 プログラム作成形態
 21.2 実験用ソフトの作成
 21.3 実用ソフトの開発工程
 21.4 プログラムのドキュメントの例
 21.5 プログラム開発と保守の要員数の変化の例
 21.6 プログラムの品質と生産性
 21.7 OSの国際化
 21.8 パッチ
 21.9 システムの移行
 21.10 ソフトウェアの保護

第22章 まとめ

参考文献
索引


戻る