情報技術シリーズ
情報システムの分析設計と開発



目次

情報技術シリーズの発刊にあたって

まえがき

第1章 ソフトウェア設計工学とは
 1.1 ソフトウェア設計工学が目指すもの
 1.2 コミュニケーションから見たソフトウェア設計技術

第2章 ソフトウェア開発プロセスモデル
 2.1 ソフトウェア・ライフサイクルの概念
 2.2 開発プロセスモデル
  2.2.1 ウォータフォールモデル
  2.2.2 スパイラルモデル
  2.2.3 契約モデル
  2.2.4 クリーンルームモデル
 演習問題

第3章 標準的な開発工程とドキュメント
 3.1 システム化計画・分析設計段階
 3.2 ソフトウェア分析設計段階

第4章 プロジェクトマネージメント
 4.1 プロジェクトマネージメントとは
 4.2 開発プロセスの成熟度(CMM:Capability Maturity Model)
  4.2.1 5段階の成熟度レベル
 4.3 プロジェクトマネージメントの経営的位置づけ
 4.4 プロジェクト計画
  4.4.1 リスクに対する考慮
  4.4.2 プロジェクトのリスク管理とは
  4.4.3 リスク管理計画書
  4.4.4 リスクの特定
  4.4.5 リスクの定量化
  4.4.6 リスクの対応戦略の策定
 4.5 プロジェクト計画の作成
  4.5.1 工程の要素
  4.5.2 ソフトウェアの見積り
  4.5.3 スケジュール管理
  4.5.4 スケジュール短縮法
  4.5.5 各工程の評価指標
  4.5.6 要員への対応TRM(Task Responsibility Matrix)
  4.5.7 外注管理
 4.6 プロジェクト運営管理
  4.6.1 開発計画書との関連
  4.6.2 PDCAサイクルはすべての基本
  4.6.3 工程移行判定とは
  4.6.4 工程移行判定の実施ポイント
  4.6.5 進捗管理把握ツール
  4.6.6 要員への対応
  4.6.7 進捗管理の実施ポイント
 4.7 品質管理
  4.7.1 ソフトウェアの品質特性
  4.7.2 品質管理を効果的に動かす仕掛け
  4.7.3 テストの管理
  4.7.4 レビューに対する管理

第5章 要求分析法
 5.1 要求分析の考え方
 5.2 標準的な要求分析作業
  5.2.1 問題点/ニーズ分析
  5.2.2 目的展開
  5.5.3 手段検討
  5.5.4 業務フロー分析
  5.5.5 管理対象分析

第6章 構造化分析設計によるシステム開発
 6.1 構造化システム分析(SA:Structured Analysis)
  6.1.1 SADT(Structured Anarysis and Design Technique)
  6.1.2 データフロー分析
  6.1.3 プロセス仕様分析
  6.1.4 データ構造分析
  6.1.5 実体関連分析
 演習問題

第7章 構造化システム設計
 7.1 モジュール構造設計
 7.2 モジュール仕様設計
 7.3 システム動作設計
  7.3.1 状態遷移図
  7.3.2 ペトリネット図
  7.3.3 イベントトレース図
 演習問題

第8章 オブジェクト指向分析設計
 8.1 構造化分析法との相違
 8.2 主な方法論の概要
  8.2.1 代表的な方法論
  8.2.2 方法論の共通点と相違点
  8.2.3 Coad/Yourdon法の表記規則
  8.2.4 OMT法
  8.2.5 UML(Unified Modeling Language)
 8.3 ユースケース分析
 演習問題

第9章 コンポーネント技術
 9.1 デザインパターン
  9.1.1 デザインパターンとその考え方
  9.1.2 デザインパターンの活用法
 9.2 コンポーネント指向プログラミング
  9.2.1 基本的な考え方
  9.2.2 代表的な支援ツール
  9.2.3 生成制御機能の分散コンポーネントへの適用
 演習問題

第10章 テスト技法
 10.1 静的テスト
  10.1.1 静的解析
  10.1.2 シンボリック実行
 10.2 動的テスト
  10.2.1 ボトムアップテスト
  10.2.2 トップダウンテスト
  10.2.3 ビッグバンテスト
 10.3 統計的テスト法
 10.4 テストケース設計法
  10.4.1 外部仕様に基づく設計
  10.4.2 制御構造に基づく設計
 10.5 テスト網羅性
演習問題

参考文献
索 引


戻る