ハードウェア/ソフトウェアの基礎


目次

第1章 コンピュータの発展
 1・1 コンピュータの出現
 1・2 コンピュータの発展
  1 国勢調査とともに始まったPCS
  2 会計機会社の出現
  3 コンピュータの出現
  4 PCSの日本上陸
  5 ディジタル理論の開発
  6 日本におけるPCSの開発
  7 IBMとUNIVAC
  8 第1世代
  9 日本最初のコンピュータ
  10 パラメトロンとトランジスタの時代
  11 第2世代
  12 第3世代
  13 MIS(経営情報システム)ブームの到来
  14 第3.5世代
  15 業界の再編成と国産のコンピュータ
  16 IBMの機密文書
  17 マイクロコンピュータの登場
  18 オフィスコンピュータとLSI
  19 第4世代
  20 パーソナルコンピュータやEWSの時代
 演習問題

第2章 情報の表現
 2・1 数の表現
 2・2 2進数から10進数への変換
  1 整数のとき
  2 小数のとき
  3 混合2進数から10進数への変換
 2・3 10進数から2進数への変換
  1 整数のとき
  2 小数のとき
  3 混合10進数から2進数への変換
 2・4 8進数体系
  1 8進数から10進数への変換
  2 10進数から8進数への変換
  3 混合10進数から8進数への変換
 2・5 16進数体系
  1 16進数から10進数への変換
  2 10進数から16進数への変換
  3 混合10進数から16進数への変換
 2・6 2進数,8進数,10進数の関係
  1 2進数と8進数の関係
  2 2進数と16進数の関係
  3 2進数,8進数,16進数の関係
  4 10進数を2進数に変換する簡単な方法
 2・7 2進数,8進数,16進数の演算
  1 足し算
  2 引き算
  3 掛け算
  4 割り算
 2・8 補数による数の表現
  1 整数の補数
  2 小数点のある数の補数
  3 補数による正負の数の表し方
  4 補数による引き算
 2・9 数の表現
  1 10進ゾーン形式
  2 10進パック形式
  3 固定小数点表示
  4 浮動小数点表示
 2・10 コード化
  1 2進化10進符号(BCD)
  2 拡張2進化10進符号(EBCDICコード)
  3 ASCIIコード(米国情報交換標準コード)
  4 情報交換用符号(JISコード)
  5 その他のコード
 演習問題

第3章 論理回路
 3・1 2値論理と基本論理回路
  1 命題と真理値表
  2 論理回路
  3 排他的論理和(XOR,EOR)
  4 論理式から論理回路を導く
 3・2 ブール代数
  1 双対の定理
  2 NAND回路とNOR回路
  3 ド・モルガンの定理の問題
  4 論理式の簡単化
  5 ド・モルガンの定理の応用(NAND回路の利用)
  6 ベン図による論理変数の表現
  7 論理式の標準展開
 3・3 組合せ回路
 3・4 基本演算回路
 3・5 順序回路
  1 フリップフロップ
  2 レジスタ
  3 カウンタ
 3・6 演算装置
  1 補数器
  2 2進加減算
 演習問題

第4章 コンピュータの構造と制御
 4・1 コンピュータの構成
  1 コンピュータの五大装置
 4・2 中央処理装置
  1 中央処理装置の役割
  2 中央処理装置のしくみと命令語
  3 制御装置の構成
  4 演算装置の構成
 4・3 記憶装置
  1 内部記憶と外部記憶
  2 主記憶装置の機能
  3 主記憶の方式
  4 ICについて
  5 半導体メモリ
  6 磁気記憶方式
  7 主記憶装置の性能
  8 処理速度の評価
  9 記憶の階層構造
  10 主記憶装置の高速制御の方法
 4・4 命令語の構成と内容
  1 命令語の構成
  2 アセンブラ言語による表現
  3 命令の種類と機能
 4・5 ビット処理
 4・6 番地(アドレス)の指定方式
 4・7 コンピュータの動作原理
 4・8 コンピュータの制御方式
  1 逐次制御方式
  2 先行制御方式
  3 パイプライン制御
  4 並列処理
 演習問題

第5章 周辺装置と端末装置
 5・1 周辺装置および端末装置とは
 5・2 入出力の制御とチャネル
 5・3 補助記憶装置
  1 磁気テープ装置
  2 磁気ディスク装置
  3 フレキシブルディスク装置(フロッピーディスク装置)
 5・4 入出力装置と端末装置
  1 せん孔入出力装置
  2 文字符号読取装置
  3 インパクトプリンタ
  4 ノンインパクトプリンタ
  5 表示装置
  6 図形入力装置
  7 特殊入出力装置
  8 汎用端末装置
  9 専用端末装置
 演習問題

第6章 データ通信システム
 6・1 基礎知識
 6・2 データ伝送システムの基本
 6・3 データの伝送
  1 データの伝送方式
  2 ベースバンド方式
  3 変調方式(帯域伝送方式)
  4 ディジタル伝送−音声のディジタル化
 6・4 符号の伝送速度の表し方
 6・5 データ伝送回線の分類
 6・6 構内通信網LAN
 6・7 ネットワークアーキテクチャと通信プロトコル
 6・8 伝送制御
 6・9 誤り検出の方法
 演習問題

第7章 データ処理システム
 7・1 システムの処理方式
  1 バッチ処理
  2 リアルタイム処理
  3 コンピュータネットワークによる分散処理
 7・2 コンピュータシステムの構成
 7・3 信頼性
 演習問題

第8章 オペレーティングシステム
 8・1 オペレーティングシステムについて
  1 オペレーティングシステムの内容
  2 スループット向上の方法
 8・2 オペレーティングシステムの構成
  1 制御プログラムと処理プログラム
 8・3 制御プログラム
  1 ジョブ管理
  2 タスク管理
  3 データ管理
 8・4 処理プログラム
 8・5 仮想記憶システム
 演習問題

第9章 プログラム言語と言語処理
 9・1 プログラム言語
  1 プログラム言語の開発の流れ
  2 機械語とアセンブラ言語
  3 プログラム言語の分類
  4 各種の汎用プログラム
  5 特殊問題向き言語
 9・2 言語処理
  1 コンパイラの構成
  2 字句解析
  3 構文解析
  4 コード生成部
 演習問題

第10章 ファイルの概念と編成方法
 10・1 ファイル
  1 ファイルの種類
  2 ファイルの編成
 10・2 順次編成ファイル
  1 ファイルの編成
  2 分類・併合
  3 ファイルの更新
 10・3 直接編成ファイル
  1 直接アドレス方式による方法
  2 間接アドレス方式による方法
 10・4 索引順次編成
 10・5 区分編成ファイル
 10・6 TSAM編成ファイル
 演習問題

第11章 流れ図
 11・1 流れ図の基礎
  1 情報処理用流れ図記号
  2 流れ図の基本
  3 ループ端による繰返し
 11・2 整列
 11・3 探索法
 11・4 文字列処理
  1 文字列の抽出
  2 文字列の圧縮
  3 文字列の反転
  4 文字列の追加
 11・5 ページ制御
 11・6 グループ集計
 11・7 ファイルの照合(突合せ,マッチング)
 11・8 併合処理
 11・9 更新処理
  1 (1:1)の更新処理
  2 (1: )の更新処理
 11・10 配列
  1 1次元配列
  2 2次元配列
 11・11 統計処理
  1 最大値,最小値,平均値
  2 合計値
  3 平均値,標準偏差
  4 相関と回帰直線
 11・12 多項式
 11・13 漸化式
 11・14 素数
 11・15 最大公約数
 11・16 ニュートン・ラプソン法による方程式の解法
 11・17 探索法による方程式の根の求め方
 11・18 ベクトルと行列の演算
  1 ベクトルと行列の流れ図
  2 行列とベクトルの積
 11・19 ガウスの消去法
 11・20 ガウス・ジョルダン法(掃き出し法)
 11・21 定積分
  1 台形則による求め方
  2 シンプソン1/3則による求め方
 11・22 微分方程式
 11・23 アルゴリズムの優劣の判定

第12章 プログラムの実行とデータ構造
 12・1 システム開発
 12・2 プログラム開発
 12・3 構造化プログラム
 12・4 データ構造
  1 2分木
  2 リスト
 12・5 データの検査と誤り検出

参考文献
問題解答
演習問題解答
索引


戻る