図解 エキスパートシステム入門 (新版)


目次

1 エキスパートシステムとは
 1−1 エキスパートシステムとは
 1−2 エキスパートシステムを使うメリット
 1−3 エキスパートシステムの特徴
 1−4 エキスパートシステムに必要な能力
 1−5 エキスパートシステムの構成
 1−6 エキスパートシステム構築に必要なもの
 1−7 エキスパートシステム構築ツール

2 エキスパートシステムの実際

 2−1 エキスパートシステムの種類
 2−2 医療診断システム
 2−3 化学構造式の決定システム
 2−4 コンピュータ構成用のエキスパートシステム
 2−5 分子遺伝学の実験計画
 2−6 数式処理
 2−7 鉱脈発見システム
 2−8 CAI
 2−9 ゲーム
 2−10 エキスパートシステム構築ツールの実行例

3 知識
 3−1 知識の種類
 3−2 知識の表現方法
 3−3 プロダクションルール
 3−4 フレーム
 3−5 意味のネット
 3−6 論理

4 推論
 4−1 推論
 4−2 推論の種類
 4−3 推論の連鎖
 4−4 前向き推論と後向き推論
 4−5 目的指向とデータ指向
 4−6 目標木による推論
 4−7 確信度

5 エキスパートシステムの種類
 5−1 エキスパートシステムの種類
 5−2 プロダクションシステム
 5−3 フレーム型システム
 5−4 黒板型システム

6 ユーザーインタフェース
 6−1 ユーザーとの会話
 6−2 説明機能
 6−3 知識獲得

7 人工知能言語
 7−1 人工知能言語の種類
 7−2 LISP(LISt Processor:リスプ)
 7−3 PROLOG(PROgramming in LOGic:プロログ)
 7−4 Smalltalk(スモールトーク)
 7−5 PLANNER(プランナー)

8 AIマシン
 8−1 AIマシンの種類
 8−2 LISPマシンとPROLOGマシン
 8−3 知識ベースマシン

9 ナレッジエンジニア
 9−1 ナレッジエンジニアに必要な能力
 9−2 ナレッジエンジニアの仕事
 9−3 ナレッジエンジニアと専門家の協力方法
 9−4 専門家の知識を引き出す方法

10 エキスパートシステムの応用
 10−1 ファジーとエキスパートシステム
 10−2 ニューロコンピュータとエキスパートシステム
 10−3 カオスとエキスパートシステム
 10−4 遺伝子アルゴリズムとエキスパートシステム
 10−5 エージェントとエキスパートシステム


戻る