情報技術シリーズ データベース技術


目次

情報技術シリーズの発刊にあたって

まえがき

第1章 データベースシステムの意義
 1.1 DBMSの役割
 1.2 DBMSがもつ主な機能
 1.3 データ独立性の概念

第2章 データ独立と3層モデル
 2.1 データ独立性
 2.2 概念スキーマの役割
 2.3 3層スキーマアーキテクチャ
  2.3.1 ANSI/X3/SPARC
  2.3.2 3層スキーマアーキテクチャとデータベース管理システム
 演習問題

第3章 概念データモデル
 3.1 概念データモデルの概要
 3.2 代表的な概念データモデル:ERモデル
 3.3 ERモデルのいくつかのパターン
 3.4 ERモデリングの注意点
 3.5 ERモデルの検証方法
 3.6 ERデータモデリングの手順
 3.7 簡単な事例
 演習問題

第4章 データベース・スキーマ設計
 4.1 データベース・スキーマ設計の方法
 4.2 代表的な論理データモデル:関係モデル
  4.2.1 関係モデルの基礎的な概念
  4.2.2 関係の操作
  4.2.3 関係の正規化
  4.2.4 関係論理
 演習問題
 4.3 ERモデルから関係モデルへの変換
  4.3.1 基本的な対応関係
  4.3.2 関連の対応関係
 演習問題
 4.4 オブジェクト指向論理データベース
 演習問題

第5章 SQL言語仕様と機能
 5.1 SQLの基本概念
 5.2 SQLの利用形態
 5.3 SQLの言語仕様と意味
  5.3.1 データ定義
  5.3.2 権限授与指示(GRANT指示)
 5.4 データ操作
  5.4.1 問合せ式
  5.4.2 カーソルを用いた操作
  5.4.3 カーソルを用いない操作
 5.5 親言語とのインタフェース
  5.5.1 埋め込みSQL
  5.5.2 動的SQL
 演習問題

第6章 問合せ処理の最適化
 6.1 問合せ処理の最適化
  6.1.1 問合せ式の分解
  6.1.2 関係代数演算の変換規則
  6.1.3 処理木への変換と最適化処理
  6.1.4 最適なSQLを記述する上での留意点
 6.2 性能チューニング
 演習問題

第7章 データベース・アーキテクチャ
 7.1 データファイル編成法
  7.1.1 順編成ファイル
  7.1.2 相対編成ファイル
  7.1.3 ハッシュ(ちらし)編成ファイル
  7.1.4 リンク編成ファイル
 7.2 索引つきファイルとその構造
  7.2.1 索引つき編成ファイル
  7.2.2 B木索引のアクセスと再編成アルゴリズム
  7.2.3 B*木索引構造
  7.2.4 複数レコード位置をもつ索引構造と転置表
  7.2.5 いろいろな索引構造
 演習問題

第8章 データベース管理システム
 8.1 トランザクション処理の概念
  8.1.1 処理異常の発生
  8.1.2 ACID特性
 8.2 同時実行制御
  8.2.1 直列化可能性
  8.2.2 その他の履歴の活用方法
 8.3 排他制御による一貫性制御
  8.3.1 ロッキング方式
  8.3.2 時刻印(タイムスタンプ)方式
  8.3.3 楽観的制御方式
 8.4 障害復旧制御
  8.4.1 ログ(ジャーナル)ファイルの構成
  8.4.2 いろいろな障害復旧方式
  8.4.3 チェックポイント
 8.5 分散データベースの一貫性制御
 8.6 分散データベース
  8.6.1 分散データベースの基本条件
  8.6.2 分散データベースの構成
  8.6.3 データ分割の方法

参考文献
索 引


戻る