わかりやすい電磁気学の基礎


目次


第1章 真空中の静電界
 1.1 クーロンの法則
 1.2 電界と電位
 1.3 電気力線と等電位面
 1.4 電気力線の流れ……ガウスの法則
 1.5 ポアソンおよびラプラスの方程式
 1.6 電気双極子
 1.7 任意の電荷分布に対する双極子近似
 1.8 静電エネルギー
 第1章 演習問題

第2章 静電界と導体
 2.1 導体の電荷と電界
 2.2 鏡像法
 2.3 静電容量
 2.4 コンデンサの静電エネルギー
 第2章 演習問題

第3章 誘電体と静電界
 3.1 誘電体の分極
 3.2 電気変位あるいは電束密度
 3.3 異なる誘電体同士の接合境界面
 3.4 誘電体を用いたコンデンサ
 第3章 演習問題

第4章 電流と起電力
 4.1 電流の起源
 4.2 オームの法則
 4.3 オームの法則とジュールの法則の拡大
 4.4 電流連続の方程式
 4.5 起電力
 4.6 ペルティエ効果
 第4章 演習問題

第5章 静磁界
 5.1 磁 石
 5.2 電流による磁界
 5.3 アンペアの法則の応用
 5.4 ビオ・サバールの法則
 5.5 ベクトルポテンシャル
 5.6 ベクトルポテンシャルによるビオ・サバールの法則の証明
 第5章 演習問題

第6章 電磁誘導
 6.1 インダクタンス
 6.2 ファラデーの電磁誘導の法則
 6.3 マクスウェルによる電磁誘導法則の拡張
 6.4 ベータトロン(betatron)
 6.5 電磁誘導を応用した電気機器
 6.6 ホール効果
 第6章 演習問題

第7章 電磁界
 7.1 変位電流
 7.2 マクスウェルの方程式
 7.3 電磁界のエネルギー
 7.4 波動方程式
 7.5 円偏波,楕円偏波
 7.6 電磁ポテンシャルの導入
 7.7 三次元波動方程式
 7.8 アハラノフ・ボーム効果
 第7章 演習問題

第8章 電磁波の放射
 8.1 遅延時間
 8.2 マクスウェル方程式の一般解
 8.3 電気双極子による電磁波の放射
 第8章 演習問題

第9章 異なる媒質の境界における電磁波
 9.1 電磁界の境界条件
 9.2 電磁波の導体表面での現象……表皮効果
 9.3 電磁波の反射・屈折
 第9章 演習問題

付  録
演習問題解答
参考文献
索  引


戻る