図解 測定器マニュアル


目次

第1章 回路計(マルチメータ)
 1・1 テスタの回路構成
 1・2 テスタの規格
 1・3 電圧測定
  1 直流電圧測定
  2 交流電圧測定
 1・4 電流測定
  1 直流電流測定
  2 交流電流測定
 1・5 抵抗測定
 1・6 テスタに使用される測定用計器
  1 直流電流計
  2 ディジタル電圧計
 1・7 誤  差
  1 アナログテスタの許容差
  2 ディジタルテスタの確度
 1・8 テスタの使用上の注意
  1 アナログテスタの使用上の注意
  2 ディジタルテスタの使用上の注意

第2章 絶縁抵抗計
 2・1 絶縁抵抗計とは
 2・2 絶縁抵抗
 2・3 絶縁抵抗計の規格
 2・4 定格測定電圧
 2・5 絶縁抵抗計の測定範囲と許容差
 2・6 端  子
 2・7 絶縁抵抗計の構成
 2・8 測定上の注意
  1 測定端子への接続
  2 保護端子G(GUARD)の使い方
 2・9 絶縁抵抗の測定
  1 電気機器の絶縁抵抗の測定
  2 屋内配線の絶縁抵抗の測定

第3章 接地抵抗計
 3・1 接地抵抗の測定法
 3・2 接地抵抗
 3・3 地電圧
 3・4 補助接地
 3・5 接地抵抗計の規格
 3・6 電位降下法による接地抵抗の測定
  1 電位差計式接地抵抗計
  2 電位降下式接地抵抗計
 3・7 接地抵抗の測定法
  1 ニッポルト法
  2 接地抵抗計
  3 電圧計・電流計による電位降下法
 3・8 接地工事
  1 接地工事の種類
  2 接地工事の方法
  3 接地用電線
 3・9 接地
  1 接地の種類
  2 接地の方法

第4章 クランプ式電流計
 4・1 クランプ式電流計の動作原理
 4・2 クランプ式電流計の種類
 4・3 測定上の注意
 4・4 AC/DC電流測定用クランプ式電流計
  1 ホール効果
  2 ホール素子
 4・5 AC/DC電流測定用クランプ式電流計の動作原理
 4・6 AC/DC測定用クランプ式電流計の特性
 4・7 AC/DC測定用クランプ式電流計の測定上の注意

第5章 照度計
 5・1 照明用語
  1 グレア
  2 照 度
  3 輝 度
  4 光 束
  5 光 度
  6 光束発散度
  7 完全拡散面
  8 色温度
  9 演色性
 5・2 照度基準
 5・3 照度の測定時における注意事項
  1 照度測定の目的
  2 照度計の選択
  3 照度測定における注意事項
 5・4 全般照明の場合の照度測定
  1 照度の測定点の求め方
  2 平均照度の算出法
  3 その他の照度測定方法
  4 保守・管理の目安とする照度を測定するとき
 5・5 局部照明の照度測定
 5・6 測定結果のまとめ
  1 測定条件の記録
  2 測定結果の記録
 5・7 照度計
  1 携帯用照度計
  2 高感度照度計
  3 法定照度計
  4 ディジタル照度計

第6章 騒音計
 6・1 騒音計の種類
  1 普通騒音計
  2 精密騒音計
 6・2 騒音レベルの測定方法
  1 騒音レベルの測定法に用いられる用語とその意味
  2 暗騒音の影響
  3 反射音の影響
  4 聴感補正回路と指示計器の動特性の使い方
  5 騒音計の指示の読み方,整理および表示方法
 6・3 騒音計の使い方
  1 騒音計の測定位置
  2 騒音計による騒音測定

第7章 オシロスコープ
 7・1 オシロスコープの原理
 7・2 ブラウン管
 7・3 偏向板の動作
 7・4 シンクロスコープ
 7・5 シンクロスコープの構成
  1 ブラウン管
  2 垂直増幅器
  3 水平掃引増幅部
  4 掃引時間
  5 拡大掃引
 7・6 シンクロスコープの取扱い方
  1 ブラウン管の管面のスポットを掃引させる
  2 信号波形の観測
  3 シンクロスコープによる測定とその応用測定

第8章 二現象シンクロスコープとストレージオシロスコープ
 8・1 二現象シンクロスコープ
 8・2 多機能形シンクロスコープ
  1 トリガ回路
  2 同期信号入力結合
  3 信号遅延回路
  4 遅延掃引回路
  5 単掃引
 8・3 ストレージオシロスコープ
  1 ストレージ用ブラウン管の構造と動作
 8・4 ディジタルストレージオシロスコープ
  1 ディジタルストレージオシロスコープの特徴
  2 ディジタルストレージオシロスコープの回路構成
  3 ディジタルストレージオシロスコープに用いられる用語とその意味
 8・5 ディジタルストレージオシロスコープの特徴

索  引


戻る