新四版 電子・電気製図法


目次


第1章 製図の基礎
 1.1 図面と規格
  1.1.1 図面
  1.1.2 図面の種類
  1.1.3 規格
 1.2 製図用器具とその使い方
  1.2.1 製図器
  1.2.2 筆記具
  1.2.3 字消し用具
  1.2.4 定規類
  1.2.5 レタリングセット
  1.2.6 製図用紙
  1.2.7 製図板
  1.2.8 製図機械
  1.2.9 自動製図システム
 1.3 図面の大きさと様式
  1.3.1 図面の大きさ
  1.3.2 製図用紙の大きさと選び方
  1.3.3 図面の様式
  1.3.4 図面の折り方
 1.4 製図に用いる線
  1.4.1 線の種類
  1.4.2 線の寸法
  1.4.3 線の表し方
  1.4.4 線の色と線の種類の指示法
  1.4.5 機械製図に用いる線
 1.5 製図に用いる文字
  1.5.1 文字の大きさと呼びの種類
  1.5.2 文字の線の太さと文字間のすき間
  1.5.3 斜体文字の角度
  1.5.4 書体
  1.5.5 字句に付けるアンダラインとオーバライン
  1.5.6 書体の呼び方
  1.5.7 ローマ字・数字及び記号・ギリシャ文字
  1.5.8 平仮名・片仮名・漢字
  1.5.9 文章
 1.6 製図に用いる尺度
  1.6.1 尺度の表し方
  1.6.2 推奨尺度
  1.6.3 大きい尺度の図面と部分拡大図
 1.7 投影法
  1.7.1 投影法の種類
  1.7.2 製図に用いる投影法
 1.8 図形の表し方
  1.8.1 投影図の示し方
  1.8.2 図形の省略
  1.8.3 断面図の示し方
  1.8.4 合理的な図示方法
 1.9 寸法
  1.9.1 寸法の記入方法
 1.10 長さ・角度寸法の許容限界記入法
  1.10.1 長さ・角度寸法の許容限界の指示法
  1.10.2 長さ寸法の許容限界の記入法
  1.10.3 組立部品の寸法許容限界の記入方法
  1.10.4 角度寸法の許容限界の記入方法
  1.10.5 普通公差
 1.11 金属材料記号
  1.11.1 鉄鋼記号の表し方
  1.11.2 非金属記号の表し方
  1.11.3 材料記号表
 1.12 標準数
  1.12.1 標準数の使用方法
  1.12.2 配列番号による計算

第2章 機械関連の製図
 2.1 面の肌の図示法
  2.1.1 表面粗さ
  2.1.2 面の指示記号の記入法
 2.2 寸法公差及びはめあい方式
  2.2.1 ITの基本公差
  2.2.2 はめあい
  2.2.3 限界ゲージ
 2.3 幾何公差の表示方式
  2.3.1 幾何公差の種類とその特性記号
  2.3.2 幾何公差の表示方法
  2.3.3 公差域
  2.3.4 データム
  2.3.5 補足事項の指示方法
  2.3.6 理論的に正確な寸法と限界指示
  2.3.7 公差域の定義と指示方法
 2.4 ねじ
  2.4.1 ねじの種類
  2.4.2 ねじの図示法
  2.4.3 ねじの表し方
  2.4.4 ねじインサートの図示
  2.4.5 ねじ・ねじ部品の簡略図示
  2.4.6 ねじ部品
  2.4.7 座金
 2.5 締結法の表示
  2.5.1 リベット
  2.5.2 溶接
 2.6 ばね
  2.6.1 ばねの図示法
 2.7 軸受
  2.7.1 軸受の種類
  2.7.2 転がり軸受の図示方法
 2.8 歯車
  2.8.1 歯車の種類
  2.8.2 歯車の図示法
 2.9 スケッチ
  2.9.1 スケッチの目的
  2.9.2 スケッチ用具
  2.9.3 スケッチの方法

第3章 電気線図
 3.1 電気線図作成の要点
  3.1.1 用紙のサイズと線の太さ
  3.1.2 線図の配置と区画
  3.1.3 線図の素子符号・番号の表示
 3.2 図記号
  3.2.1 電気用図記号
  3.2.2 電気用図記号一覧
      1.図記号要素  2.限定図記号  3.調整,変換及び自動制御  4.特性量への作動依存性
      5.信号波形  6.操作機器・操作機構  7.接地及びフレーム接続,等電位  8.理想回路素子
      9.導体及び接続部品  10.基礎受動部品  11.半導体及び電子管
      12.電気エネルギーの発生及び変換  13.開閉装置,制御装置及び保護装置
  3.2.3 電気用図記号の描き方
 3.3 ブロックダイヤグラム
  3.3.1 ブロックの配置と配列
  3.3.2 論理図
  3.3.3 流れ図
  3.3.4 計算機システム構成図
 3.4 回路図
  3.4.1 回路の基本配列
  3.4.2 多段接続
  3.4.3 部品を表示する方法
  3.4.4 変電設備の電気回路図
  3.4.5 シーケンス制御用回路図
 3.5 接続文書
  3.5.1 接続図
  3.5.2 接続表とリスト
  3.5.3 ユニット接続図及び表
  3.5.4 相互接続図・端子接続図及び表
 3.6 プリント配線
  3.6.1 プリント配線板の製作法
  3.6.2 プリント回路用銅張積層板
  3.6.3 プリント配線用パターン
 3.7 配置及び据付け文書
  3.7.1 配置文書
  3.7.2 屋内配線図
  3.7.3 屋内配線図の作成

第4章 電子部品
 4.1 回路部品
  4.1.1 固定抵抗器
  4.1.2 可変抵抗器
  4.1.3 固定コンデンサ
 4.2 機構部品
  4.2.1 機構部品の種類
  4.2.2 スイッチ

第5章 部品表の作成
 5.1 電子部品表
 5.2 雑品表
 5.3 総合部品表

第6章 図例
  例1. 線の練習 60101−3
  例2. 文字の練習 60201−4
  例3. 曲線の作図 60301−4
  例4. 投影画法の演習 60401−3〜60402−3
  例5. ねじ 60501−3
  例6. 丸形両口スパナ 60601−4
  例7. トースカン 60701−3
  例8. 豆ジャッキ 60801−3
  例9. 単頭プラグ 60901−3
  例10. 携帯用電流計 61001−4〜61004−4
  例11. 501形電鍵 61101−4〜61105−4
  例12. 開放ナイフスイッチ 61201−4〜61202−4
  例13. 信号発生器構成図 61301−4
  例14. プログラム流れ図 61401−4
  例15. 音声増幅器接続図 61501−4
  例16. IF増幅器接続図 61601−4
  例17. 変電室電気接続図 61701−4
  例18. 電動機始動シーケンス回路図 61801−4
  例19. 熱交換シーケンス回路図 61901−4
  例20. レジスト剥離制御システム構成図 62001−3
  例21. 電気設備配線図 62101−4
  例22. 定電圧直流電源 62201−4〜62203−4
  例23. 連続線を用いたユニット接続図 62301−4
  例24. ユニット接続表 62401−4

参考文献
索引


戻る