マイクロ波工学の基礎


目次

第1章 本書を読むにあたって

第2章 分布定数線路
 2・1 分布定数線路の考え方
 2・2 分布定数線路上の波動の伝搬特性
 2・3 反射係数
 2・4 定在波
 2・5 線路のインピーダンス
 2・6 分布定数線路の2端子対回路としての扱い
 2・7 2端子対回路表現の応用
  @ インピーダンス変換
  A インピーダンス整合
 2・8 散乱行列( マトリクス)
 2・9 スミスチャート

第3章 電磁界の基礎
 3・1 マクスウェルの方程式
 3・2 境界条件
 3・3 平面波の伝搬
 3・4 回転する電磁波
 3・5 マイクロ波の反射・屈折
  @ 入射波が平行磁界の場合
  A 入射波が平行電界の場合
 3・6 表皮効果−マイクロ波の導体表面での現象
 3・7 マイクロ波電力の流れ

第4章 マイクロ波の伝送
 4・1 伝送線路上の電磁波のモード
 4・2 平行2線(レッヘル線)
 4・3 平行板線路
 4・4 同軸線路
 4・5 方形導波管
  @ TEモード
  A TMモード
  B 導波管のモードと遮断周波数
  C 位相速度
  D 導波管のその他の特性
 4・6 円形導波管
 4・7 ストリップ線路
  @ マイクロストリップ線路
  A サスペンデッド線路
  B スロット線路
  C コプレナ線路
 4・8 表面波線路

第5章 マイクロ波回路素子
 5・1 無反射終端器
 5・2 減衰器
  @ 可変減衰器
  A リアクタンス減衰器
 5・3 曲がり導波管
 5・4 3分岐素子
 5・5 マジックT
 5・6 方向性結合器
  @ 多孔型方向性結合器
  A 十字型方向性結合器
 5・7 同軸・導波管変換器
 5・8 リッジ導波管
 5・9 共振器
  @ 共振回路
  A 分布定数回路共振器
  B 空洞共振器
  C 誘電体共振器
 5・10 フェライト磁石を用いた素子(非可逆素子)
  @ フェライトの性質
  A マイクロ波との相互作用
  B ファラデー効果
  C アイソレータ
  D サーキュレータ
 5・11 マイクロ波集積回路素子
  @ 抵抗素子
  A インダクタンス素子
  B キャパシタンス素子
  C 方向性結合型

第6章 マイクロ波の発振,増幅,検出
 6・1 マイクロ波電子管
  @ クライストロン
  A マグネトロン
  B 進行波管
 6・2 マイクロ波半導体素子
  @ ダイオード
  A トンネルダイオード
  B ガンダイオード
  C インパットダイオード
  D トランジスタ

第7章 マイクロ波の放出
 7・1 電磁波発生の原理
 7・2 ホーンアンテナ
 7・3 パラボラアンテナ

第8章 マイクロ波の応用
 8・1 加熱
 8・2 マイクロ波による電力輸送

付録
演習問題 解答
索引


戻る