第二種電気工事士
技能試験スーパー読本


目次

第1章 屋内配線工事に関するきまり
 1.1 低圧屋内配線
 1.2 屋内配線用絶縁電線
  1 IV電線(JIS C 3207 600Vビニル絶縁電線)
  2 VVF(JIS C 3342 600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形)
 1.3 配線用電気器具
  1 コンセント(JIS C 8301 配線用差込接続器)
  2 ランプレセプタクル(JIS C 8302 ねじ込みソケット)
  3 引掛けシーリングローゼット(JIS C 8310 シーリングローゼット)
  4 タンブラスイッチ(JIS C 8304 屋内用小形スイッチ類)
  5 取付枠
 1.4 配線工事用材料
  1 アウトレットボックス(JIS C 8340 電線管用金属製ボックス及びボックスカバー)
  2 ねじなし電線管(JIS C 8305 鋼製電線管)
  3 合成樹脂製可とう電線管(JIS C 8411 合成樹脂製可とう電線管:PF管)
 1.5 電線接続用材料
  1 絶縁電線の直線接続
  2 絶縁電線の分岐接続
  3 絶縁電線の終端接続
 1.6 屋内配線に使用する工具
  1 ペンチ(JIS B 4623 ペンチ)
  2 ドライバ(JIS B 4609 ねじ回し,JIS B 4623 十字ねじ回し)
  3 ナイフ
  4 スケール(JIS B 7512 鋼製巻尺)(コンベックスルール)
  5 ウォータポンププライヤ(JIS C 4626 ウォータポンププライヤ)
  6 リングスリーブ用圧着工具(JIS C 9711 屋内配線用電線接続工具)
  7 筆記用具
  8 ワイヤストリッパ,VVF用ワイヤストリッパ
  9 ニッパ(JIS B 4625),強力ニッパ(JIS B 4635)
  10 ラジオペンチ(JIS B 4631),丸ペンチ(JIS B 4624)
  11 モンキレンチ(JIS B 4604),スパナ(JIS B 4630)

第2章 複線結線図をつくる−基本回路
 2.1 複線結線図に用いる配線用図記号
 2.2 屋内配線基本回路の複線結線図をつくる
 2.3 複線結線図をつくる(練習問題−基本回路)
     課題1〜課題10

第3章 複線結線図をつくる−応用回路
 3.1 3路スイッチによる点滅回路
 3.2 3路スイッチと4路スイッチを用いた点滅回路
 3.3 パイロットランプを使用した回路
  1 パイロットランプの常時点灯回路
  2 パイロットランプの同時点灯回路
  3 パイロットランプの異時点灯回路
 3.4 複線結線図をつくる(練習問題−応用回路)
     課題1〜課題8

第4章 単位作業試験
 4.1 単位作業試験の基礎
  1 屋内配線工事の配線図を読む
  2 配線用電線(VVF)の切断
  3 配線図の寸法と切断するVVFの長さおよびシースを取る長さ(ジョイントボックスを使用した場合)
 4.2 VVF内の絶縁電線の器具端子への接続
  1 ランプレセプタクル端子への接続
  2 引掛けシーリングローゼット端子への接続
  3 露出形コンセント端子への接続
  4 露出形タンブラスイッチ(単極)端子への接続
  5 露出形タンブラスイッチ(3路)端子への接続
 4.3 VVF内の絶縁電線の連用形器具端子への配線(器具が1個)
  1 連用形コンセントを使用した回路への配線
  2 連用形タンブラスイッチ(単極)を使用した回路への配線
  3 連用形タンブラスイッチ(3路)を使用した回路への配線
 4.4 VVF内の絶縁電線の連用形器具端子への接続(器具が2個以上の場合)
  1 連用形コンセントとタンブラスイッチ(単極)を使用した回路への配線
  2 連用形タンブラスイッチ(単極)を2個使用した回路への配線
  3 連用形コンセントを2個使用した回路への配線
  4 連用形パイロットランプと連用形タンブラスイッチ(単極)への配線(常時点灯および同時点灯回路)
  5 連用形パイロットランプと連用形タンブラスイッチ(単極)への配線(異時点灯回路)
  6 連用形パイロットランプと連用形タンブラスイッチ(3路)への配線(異時点灯回路)
 4.5 ジョイントボックス内でのVVFの接続
  1 ジョイントボックス内のリングスリーブによる終端接続
  2 ジョイントボックス内の差込形電線コネクタによる終端接続
  3 ジョイントボックス内の巻付け接続による終端接続
 4.6 アウトレットボックス内でのIV電線およびVVFの接続
  1 アウトレットボックスとVVFによるケーブル工事
  2 アウトレットボックスと金属管工事(ねじなし電線管)
  3 アウトレットボックスと合成樹脂製可とう電線管工事
  4 アウトレットボックス内での終端接続
 4.7 メタルラス貫通箇所の防護管の施工法

第5章 材料等選別試験
 5.1 材料等選別試験の基準
 5.2 単線結線図を複線結線図にする
 5.3 使用する電線を選ぶ
 5.4 リングスリーブおよび差込形電線コネクタを選ぶ
 5.5 連用形タンブラスイッチ,コンセントおよびプレートを選ぶ
 5.6 F用ジョイントボックス,アウトレットボックスおよびスイッチボックスを選ぶ
 5.7 防護管および電線管用付属品を選ぶ
 5.8 照明器具等を選ぶ
 5.9 配線用遮断器および漏電遮断器
 5.10 屋内配線工事に使用する工具を選ぶ

第6章 構内電気設備の配線用図記号(JIS C 0303:2000)
 表6.1 新旧JIS記号対比表
 表6.2 構内電気設備の配線用図記号
      (通信・情報,防災・防犯,避雷設備,屋外設備)


戻る