エレクトロニクスの基礎 (新版)


目次

第1章 電子とは
 1・1 電子はあらゆる物質に存在する
  1 分子・原子  2 電子の発見  3 電子の大きさ・質量・電荷
 1・2 原子と電子
  1 原子の構成  2 原子核  3 電子の軌道  4 価電子  5 束縛電子・自由電子・イオン
 1・3 電子の流れと電流
  1 電流の大きさ  2 電流の流れる速さ
 1・4 導体・絶縁体・半導体
  1 導体はなぜ電流が流れやすいか  2 絶縁体はなぜ電流が流れにくいか
  3 半導体では電流が少し流れる

第2章 真空中の電子の運動
 2・1 電界中の電子の運動
  1 電子は電界によって動く
  2 静電偏向−電界によって電子の進む方向が曲げられる
 2・2 磁界中の電子の運動
  1 静止している電子は,磁界による力を受けない
  2 電磁偏向−磁界によって電子の進む方向が曲げられる

第3章 電子放出と電子ビーム
 3・1 電子放出−電子を空間に取り出す
  1 仕事関数  2 電子放出の方法
 3・2 電子ビームとそのはたらき
  1 電子ビームをつくる−電子銃の原理
  2 電子ビームを一点に集める−電子レンズ
  3 電子ビームのはたらき
 3・3 CRT(ブラウン管)のしくみと応用
  1 CRTのしくみ  2 CRTの応用−電気波形を見るオシロスコープ

第4章 気体中の電子の運動とはたらき
 4・1 気体とは
  1 気体の状態  2 平均自由工程  3 真空
 4・2 励起と電離−気体分子と電子の衝突
  1 電子の平均自由工程  2 励起  3 電離  4 電子なだれ
 4・3 放電現象−かみなりの正体
  1 放電の種類  2 真空放電
 4・4 グロー放電−ネオンサインの原理
  1 管内の発光分布  2 発光色
 4・5 アーク放電−電気溶接・けい光灯の原理
  1 放電に必要な電子は陰極から飛び出す  2 アークの状態

第5章 固体中の電子の運動とはたらき
 5・1 固体の構造
  1 イオン結合  2 共有結合  3 金属結合  4 ファンデルワールス結合
 5・2 導体中の電子
  1 電気伝導  2 電気抵抗の原因  3 超電導
 5・3 誘電体中の電子
  1 分極  2 強誘電体といろいろな現象

第6章 半導体の種類と性質
 6・1 半導体材料
  1 元素半導体  2 化合物半導体
 6・2 真性半導体と不純物半導体
  1 真性半導体  2 不純物半導体
 6・3 半導体の電気伝導
  1 電界による電気伝導  2 電子密度の勾配による電気伝導  3 再結合による電気伝導
 6・4 半導体の性質
  1 温度の変化によって電気抵抗が大きく変わる
  2 光電効果があらわれる  3 熱電効果が大きくあらわれる
  4 ホール効果が大きくあらわれる
 6・5 半導体の接合−PN接合とその性質
  1 PN接合のしくみ  2 PN接合の性質

第7章 いろいろな半導体素子
 7・1 ダイオード
  1 構造と図記号  2 電圧−電流特性  3 最大定格  4 応用例
 7・2 トランジスタ
  1 構造と図記号  2 基本動作  3 増幅動作とスイッチング動作  4 特性の表し方
 7・3 FET(電界効果トランジスタ)
  1 接合形FET  2 MOS形(絶縁ゲート形)FET  3 特徴と用途
 7・4 サイリスタとトリガ素子
  1 SCR  2 TRIAC(トライアック)  3 トリガ素子
 7・5 光半導体素子
  1 発光ダイオード  2 ホトダイオード  3 ホトトランジスタ  4 ホトカプラ  5 CdSセル
 7・6 その他の半導体素子
  1 サーミスタ  2 可変容量ダイオード(バラクタダイオード)  3 定電圧ダイオード(ツェナーダイオード)
  4 IGBT  5 GaAs−FETとHEMT
 7・7 IC(集積回路)
  1 特徴  2 種類  3 パッケージ

第8章 増幅回路
 8・1 増幅の基本
  1 増幅の原理  2 静特性  3 負荷線と動作点  4 バイアス回路  5 接地方式
 8・2 小信号増幅回路
  1 増幅回路  2 デシベル  3 雑音について
 8・3 電力増幅回路
  1 A級電力増幅回路  2 B級プッシュプル増幅回路  3 SEPP回路
 8・4 同調増幅回路
  1 並列共振回路  2 単一同調形増幅回路  3 多段増幅回路
 8・5 直流増幅回路
  1 直流増幅回路
 8・6 負帰還増幅回路
  1 帰還増幅回路の利得  2 負帰還増幅回路の特徴
 8・7 OPアンプ
  1 OPアンプとは  2 非反転増幅回路  3 反転増幅回路  4 差動増幅回路

第9章 発振回路
 9・1 発振回路の種類
 9・2 発振の原理
 9・3 LC 発振回路
  1 ハートレー発振回路  2 コルピッツ発振回路
 9・4 CR 発振回路
  1 CR 回路の特性  2 CR 移相発振回路  3 ターマン発振回路(ウィーンブリッジ発振回路)
 9・5 水晶発振回路
  1 水晶振動子  2 水晶振動子の周波数特性  3 水晶発振回路

第10章 変調回路と復調回路
 10・1 変調と復調
 10・2 変調の種類
 10・3 振幅変調
  1 振幅変調波  2 SSBとは
 10・4 振幅変調回路
  1 コレクタ変調回路  2 ベース変調回路  3 リング変調回路
 10・5 振幅復調回路
  1 直線検波回路と二乗検波回路
 10・6 周波数変調(FM)と位相変調(PM)
  1 周波数変調波(FM波)  2 位相変調波(PM波)  3 FMとPMの違い  4 FMの雑音
 10・7 周波数変調回路と位相変調回路
  1 周波数変調回路  2 位相変調回路
 10・8 周波数変調波の復調
  1 トラビス検波回路  2 フォスター・シーレー回路  3 レシオ検波  4 クワドラチャ検波

第11章 ディジタル回路
 11・1 2進法
  1 2進数  2 16進数  3 2進化10進法
 11・2 ディジタル回路の基礎
  1 論理回路  2 ブール代数  3 フリップフロップ
 11・3 計数回路
  1 16進カウンタ  2 10進カウンタ
 11・4 表示回路
  1 LED表示回路  2 7セグメントLED表示回路

第12章 パルス回路
 12・1 パルスとは
 12・2 波形整形回路
  1 微分回路  2 積分回路  3 クリッパ,スライサ,クランパ  4 シュミット回路
  5 のこぎり波発生回路
 12・3 パルス発生回路
  1 非安定マルチバイブレータ  2 単安定マルチバイブレータ  3 水晶発振回路
  4 チャタリング防止回路
 12・4 PLL回路
  1 周波数シンセサイザ  2 PLLによるFM復調器
 12・5 パルス変調
  1 アナログパルス変調  2 ディジタルパルス変調

第13章 電源回路
 13・1 整流回路
  1 整流の原理  2 半波整流回路  3 両波整流回路  4 倍電圧整流回路
 13・2 平滑回路
 13・3 直流安定化電源回路
  1 並列型レギュレータ  2 直列型レギュレータ  3 スイッチングレギュレータ
 13・4 インバータ・コンバータ回路
  1 インバータ  2 コンバータ

索引


戻る