よくわかる 電気・電子回路計算の基礎


目次

第1章 電気・電子回路の基礎
 1.1 電気回路
  1.1.0 単位
  1.1.1 電流と電圧
  1.1.2 回路素子
  1.1.3 直流と交流
 1.2 正弦波交流
  1.2.1 正弦波交流
  1.2.2 周波数と角周波数
  1.2.3 正弦波交流の大きさ
  1.2.4 位相差
 1.3 抵抗の性質
  1.3.1 抵抗
  1.3.2 オームの法則
  1.3.3 仕事とエネルギー
  1.3.4 電力と電力量
  1.3.5 電圧降下
  1.3.6 直列接続と分圧
  1.3.7 並列接続と分流
  1.3.8 直並列接続
  1.3.9 ブリッジ回路
 1.4 コイルとコンデンサの性質
  1.4.1 コイル
  1.4.2 誘導起電力
  1.4.3 コイルのインダクタンス
  1.4.4 コンデンサ
  1.4.5 コンデンサの静電容量
 1.5 キルヒホッフの法則
  1.5.1 キルヒホッフの第1法則
  1.5.2 キルヒホッフの第2法則
 1.6 ダイオードとトランジスタ
  1.6.1 半導体の物性
  1.6.2 ダイオード
  1.6.3 増幅回路
  1.6.4 トランジスタ
  1.6.5 トランジスタの接地方式
  1.6.6 バイアス方式
 演習問題

第2章 電気回路の解法
 2.1 直流回路の解法
  2.1.1 枝路電流法
  2.1.2 ループ電流法(網目電流法)
  2.1.3 節点法(接続点法)
 2.2 各種の定理
  2.2.1 電圧源と電流源
  2.2.2 重ねの理
  2.2.3 テブナンの定理とノートンの定理
  2.2.4 ミルマンの定理
 2.3 交流回路の解法
  2.3.1 交流に対する回路素子( )の働き
  2.3.2 共振回路
  2.3.3 過渡現象
  2.3.4 正弦波交流の複素数表示
  2.3.5 相互誘導回路
 演習問題

第3章 電子回路の解法
 3.1 トランジスタ回路
  3.1.1 はじめに
  3.1.2 トランジスタの特性曲線
  3.1.3 作図による直流電流の求め方
  3.1.4 作図による信号電流の求め方
  3.1.5 出力電圧vo の取り出し方
  3.1.6 作図による出力電圧vo の求め方
  3.1.7 温度安定化のための電流帰還バイアス回路とCR 結合増幅回路
  3.1.8  定数等価回路を用いた解法
 3.2 オペアンプ
  3.2.1 はじめに
  3.2.2 差動増幅器と負帰還回路
  3.2.3 アナログ演算回路の例とその出力電圧Vo の求め方
 3.3 発振回路
  3.3.1 はじめに
  3.3.2 発振条件
  3.3.3 各種発振回路
 3.4 変調・復調
  3.4.1 はじめに
  3.4.2 AM(振幅変調)
  3.4.3 AM(振幅変調)回路
  3.4.4 AM復調回路
  3.4.5 FM(周波数変調)
  3.4.6 FM(周波数変調)回路
  3.4.7 FM復調回路
 演習問題

索  引

戻る