電磁気学計算法


目次

第1章 静電界
 1・1 電荷と電気力−クーロンの法則
 1・2 電荷分布と電界
 1・3 電荷と電気力線
  (1) 電気力線の性質  (2) 電荷と電気力線の関係−ガウスの法則
 1・4 電界と電位
  (1) 電位と電位差  (2) 電位の傾き  (3) 等電位面と電気力線
 *(4) 電荷分布と電位分布−ポアソン・ラプラスの方程式
 第1章 演習問題

第2章 導体と誘電体
 2・1 導体系と電荷分布
 2・2 静電容量とコンデンサ
  (1) 導体系の静電容量  (2) コンデンサの接続法
 2・3 誘電体の分極
  (1) 誘電分極  (2) 電荷と電束密度−電束についてのガウスの法則
 2・4 誘電体の境界面
  (1) 境界面に真電荷が存在しない場合の境界条件
  (2) 境界面に真電荷が存在する場合の境界条件
 2・5 電界のエネルギー
  (1) 静電エネルギー  (2) 導体間に働く電気力−仮想変位の原理
 第2章 演習問題

第3章 定常電流
 3・1 電界と電流
  (1) 電流と電流密度  (2) 導線についてのオームの法則  (3) 抵抗器の接続法
 3・2 電力と熱量
 3・3 電流界
  (1) 連続導体内のオームの法則  (2) 電流の力線  (3) 電位の傾きと電流密度
 *(4) 電流連続の式
 第3章 演習問題

第4章 静磁界
 4・1 磁極と磁気力−磁極についてのクーロンの法則
 4・2 磁極と磁界
  (1) 磁極による磁界  (2) 磁界と磁力線
 4・3 電流磁界
  (1) 電流による磁界  (2)アンペアの周回積分の法則  (3) ビオ・サバールの法則
 4・4 電磁力
  (1) 磁界内の電流に働く力−フレミングの左手の法則
  (2) 磁界内の帯電粒子に働く力−ローレンツの力
 第4章 演習問題

第5章 磁性体
 5・1 磁性体の磁化
  (1) 磁性体と磁化  (2) 磁界と磁束密度−磁束についてのガウスの法則
  (3) 磁性体の磁化曲線
 5・2 磁性体の境界面
 5・3 磁気回路
 第5章 演習問題

第6章 電磁誘導
 6・1 電磁誘導
  (1) 磁束の時間的変化による電磁誘導−ファラデー・ノイマンの法則
  (2) 導線回路の運動による電磁誘導−フレミングの右手の法則
 6・2 自己誘導と相互誘導
  (1) 自己誘導と自己インダクタンス  (2) 相互誘導と相互インダクタンス
 6・3 磁界のエネルギー
  (1) 電磁エネルギー  (2) 磁気的エネルギーと力
 6・4 導体内の電流分布
  (1) うず電流とうず電流損  (2) 電流・磁束の表皮効果
 第6章 演習問題

第7章 電磁界
 7・1 電磁界
  (1) 変位電流  (2) 電磁界の基本的関係式−マクスウェルの電磁方程式
 7・2 電磁波
  (1) 電磁界の波動  (2) 平面波  (3) 電磁波のエネルギー−ポインティングベクトル
 第7章 演習問題

第8章 補講
 8・1 帯電粒子の運動
  (1) 帯電粒子の運動方程式  (2) 一様な電界内における帯電粒子
  (3) 一様な磁界内における帯電粒子  (4) 一様な電磁界内における帯電粒子
  (5) ゆるやかに変化する磁界内での帯電粒子
*8・2 電磁波の放射
  (1) 遅延ポテンシャル  (2) 電気双極子による電磁放射
*8・3 電磁波の反射・屈折
*8・4 物質内の電磁波
  (1) 誘電率の分散  (2) 異常分散
 第8章 演習問題


演習問題 解答
参考文献
付録
  A. ベクトル解析  B. 数学公式  C. 主な物質定数(εs,ρ,χs
  D. 主な物理定数(普遍定数)  E. 単位の乗数と名称
索引


戻る