電子物性.材料.デバイス工学シリーズT
工学への基礎物理



目次

第1章 数学の予備知識
 1.1 ベクトル解析
 1.2 ラジアン

第2章 物理量の国際単位
 2.1 ギリシャ文字の読み方
 2.2 国際単位系
 2.3 単位記号の書き方
 2.4 基本単位の応用例
 2.5 単位の確認
 2.6 次元解析

第3章 物理化学の基礎
 3.1 原子の構造
 3.2 水素原子と水素イオン
 3.3 原子量,分子量およびモル
 3.4 濃度および組成比の表し方
 3.5 真空引きの方法

第4章 力学の基礎
 4.1 力学の必要性
 4.2 力
 4.3 加速度
 4.4 加速度と力の関係
 4.5 自動車の加速と力
 4.6 向心力と遠心力
 4.7 運動量と運動量保存の法則
 4.8 エネルギーとエネルギー保存の法則
 4.9 力とエネルギーの関係
 4.10 トルク
 4.11 角運動量
 4.12 特殊相対性理論

第5章 熱力学の基礎
 5.1 気体分子
 5.2 有極性分子と無極性分子
 5.3 液体の性質
 5.4 気体の液化と超伝導の発見
 5.5 気体運動論
 5.6 熱による固体の膨張
 5.7 蒸気圧

第6章 光学の基礎
 6.1 波の性質
 6.2 光(電磁波)の性質とその伝搬
 6.3 光の波長
 6.4 光の種類
 6.5 光 源
 6.6 光の伝搬速度
 6.7 光の屈折
 6.8 光の全反射
 6.9 光の屈折の応用例
 6.10 光の屈折と回折格子

第7章 音と振動
 7.1 音の振動数とドップラー効果
 7.2 音の強さの単位
 7.3 電子工学における音と振動
 7.4 圧電効果の応用例
 7.5 電気ひずみ(逆圧電効果)の応用例
 7.6 超音波の送受信
 7.7 工学実験への応用

第8章 電気磁気学の基礎
 8.1 電界と電気力線
 8.2 電荷に作用する力
 8.3 電界,電位,電圧および静電気ポテンシャルの区別
 8.4 等エネルギー面
 8.5 ミリカン油滴落下の実験

第9章 有機化合物の基礎
 9.1 有機化合物の特徴
 9.2 炭化水素の分類

第10章 電気化学の基礎
 10.1 化学の必要性
 10.2 複数の原子の結合
 10.3 金属のイオン化傾向と反応性
 10.4 酸化と還元
 10.5 酸化数
 10.6 酸化剤と還元剤
 10.7 化学反応と反応熱
 10.8 結合エネルギー
 10.9 反応速度と触媒
 10.10 可逆反応と化学平衡
 10.11 電離平衡
 10.12 酸と塩基の定義
 10.13 水素イオンの濃度
 10.14 電池の原理と種類
 10.15 水溶液の電気分解と燃料電池

第11章 燃料電池および太陽電池
 11.1 燃料電池の発電原理
 11.2 太陽電池の発電原理

付  表

索  引


戻る