光の計測マニュアル


目次

1. 光と放射,明るさの知覚
 1・1 放射
 1・2 放射測定,単色放射と分光放射測定
 1・3 光,光刺激と明るさの知覚
 1・4 明所視と暗所視

2. 放射量と測光量,その定義における時間的,空間的,
     分光(スペクトル)的な考察

 2・1 放射量と測光量
 2・2 放射量の時間的な定義
 2・3 放射量の空間的な定義
 2・4 放射量の分光(スペクトル)的な定義
 2・5 測光量の意味と位置付け
 2・6 測光量の時間的な定義
 2・7 測光量の空間的な定義
 2・8 測光量相互の関係と輝度の拡張した定義
  2・8・1 光度と照度の関係
  2・8・2 輝度の拡張した定義
  2・8・3 照度,輝度と光束発散度の関係
 2・9 測光量の分光的な定義

3. 測光の単位と標準
 3・1 測光の基本単位
 3・2 光度の単位と標準
  3・2・1 黒体による単位と標準
  3・2・2 放射の絶対測定と現行のカンデラの定義
  3・2・3 光度標準の設定方法
  3・2・4 標準器の階層,光度標準電球
 3・3 光束と光量の単位,光束の標準
  3・3・1 光束と光量の単位
  3・3・2 光束(全光束)の標準
  3・3・3 全光束標準の光度標準からの誘導設定
  3・3・4 全光束標準電球
 3・4 照度の単位と標準
 3・5 輝度,光束発散度の単位と標準
  3・5・1 輝度および光束発散度の単位
  3・5・2 輝度および光束発散度の標準
 3・6 分光分布,分布温度の標準
  3・6・1 標準黒体炉
  3・6・2 分光分布の標準電球
  3・6・3 分布温度標準電球
  3・6・4 光度(照度)と分光放射強度(分光放射照度)の関係
 3・7 放射照度の標準
  3・7・1 標準光源
  3・7・2 標準検出器
 3・8 相対分光応答度の標準
 3・9 反射率,輝度率の標準
 3・10 標準器の目盛定めや取扱における注意

4. 測光器と関連機器・装置
 4・1 光電検出器
  4・1・1 光電検出器の種類
  4・1・2 光電検出器の特性
  4・1・3 実際の光電検出器とその使われ方の例
 4・2 光電検出器の回路と出力表示
  4・2・1 光電検出器の電気的出力特性
  4・2・2 光電検出器用増幅器の種類
  4・2・3 光電検出器用増幅器の特性
  4・2・4 光電検出器用増幅器回路の実際
 4・3 入射光の減衰器と変調器
  4・3・1 入射光の減衰器
  4・3・2 入射光の変調器(チョッパ)
 4・4 測光用フィルタ
  4・4・1 遮断フィルタ
  4・4・2 帯域フィルタ
  4・4・3 その他のフィルタ
  4・4・4 フィルタの使用上の注意事項
 4・5 測光のための集光系
  4・5・1 測光における集光
  4・5・2 分光器と集光系
 4・6 拡散板の機能と使用
  4・6・1 拡散板の機能
  4・6・2 拡散板の使用
 4・7 比視感度(λ))測光器の実現
  4・7・1 λ)測光器の構成
  4・7・2 λ)への近似のさせ方
  4・7・3 斜め入射光特性(入射角特性)
  4・7・4 λ)測光器の実例
 4・8 光および放射光の測定に必要な設備と器具
  4・8・1 測光暗室
  4・8・2 測光系統の概説と測光系の主要な要素
  4・8・3 その他の装置および光学部品
  4・8・4 測光・放射測定において必要な装置などのリスト
 4・9 測光機器の選択についての考え方
 4・10 測光機器の使用上の注意

5. 測光要素の測定
 5・1 光電検出器の分光応答度の測定
  5・1・1 一般的問題
  5・1・2 光電検出器の分光応答度測定系の構成要素
  5・1・3 分光応答度測定の実際
 5・2 放射検出器の直線性の測定
  5・2・1 放射検出器の直線性の考え方
  5・2・2 直線性外れの原因
  5・2・3 光放射検出器の直線性測定
 5・3 光学フィルタの透過率の測定
  5・3・1 光学フィルタの透過率の測定の目的
  5・3・2 透過率測定の基本
  5・3・3 光学フィルタ固有の分光透過率の測定
  5・3・4 装置としての光学フィルタの分光透過率の測定
  5・3・5 迷光による分光透過率の測定誤差
  5・3・6 光学フィルタの分光透過率測定装置
 5・4 物体表面の反射率の測定
  5・4・1 絶対反射率の測定
  5・4・2 一般試料の反射率の測定
  5・4・3 放射輝度率の測定
 5・5 光源および測光器の偏光特性のチェック
  5・5・1 光源の偏光特性のチェック
  5・5・2 測光器の偏光特性のチェック
  5・5・3 偏光子の透過率の部分むら

6. 主な測光量の測定
 6・1 共通事項
  6・1・1 測光の種類と方法の概要
  6・1・2 測光器の特性
  6・1・3 常用標準光源
  6・1・4 標準光源および試料光源点灯上の注意
  6・1・5 測定の手順および一般的注意事項
 6・2 光度測定
  6・2・1 光度測定の方法
  6・2・2 測光設備および器具
  6・2・3 測光および計算処理
  6・2・4 測光を行う場合の注意
  6・2・5 市販の照度計,輝度計を用いた光度測定
  6・2・6 色補正係数の求め方
  6・2・7 視感度合せフィルタの作り方
 6・3 配光測定
  6・3・1 配光測定とは
  6・3・2 用語の意味
  6・3・3 考え方と測定方法
  6・3・4 測光条件
  6・3・5 配光測定装置の方式と構造例
  6・3・6 各方式における問題点と対策
  6・3・7 結果の処理と表示
 6・4 全光束測定
  6・4・1 球形光束計法
  6・4・2 配光法
 6・5 分布温度測定
  6・5・1 分布温度と測定目的
  6・5・2 測定方法の概要
  6・5・3 測定設備
  6・5・4 実際の測定方法
 6・6 照度測定
  6・6・1 照度測定の意義
  6・6・2 計量法とJIS
  6・6・3 照度計に要求される特性
  6・6・4 照度計の構造
  6・6・5 照度計の校正
  6・6・6 色補正係数の求め方
  6・6・7 斜め入射光特性の測定
 6・7 輝度測定
  6・7・1 輝度
  6・7・2 輝度計の基本原理
  6・7・3 市販輝度計の構造
  6・7・4 輝度計への要求と輝度計選択の考え方
  6・7・5 輝度計の性能評価
  6・7・6 輝度計の使用上の注意
  6・7・7 輝度計の校正
 6・8 測色
  6・8・1 測色とは
  6・8・2 CIE−XYZ系表色系
  6・8・3 刺激値直読方法
  6・8・4 色彩計の受光器
  6・8・5 測定光の受光条件
  6・8・6 色彩計の構造
  6・8・7 色校正
  6・8・8 色標準光源
  6・8・9 相関色温度,偏差の求め方
  6・8・10 色彩計の正確さのチェック
  6・8・11 測定結果の表記
  6・8・12 色彩輝度計を用いた試料光源の測色と全光束の測定実施例

7. 分光的方法による測光および測色
 7・1 測光・測色における分光測定の役割
  7・1・1 測光・測色の補助手段としての分光測定
  7・1・2 測光・測色の直接手段としての分光測定
 7・2 分光的方法による測光・測色の基本および特徴
  7・2・1 測光器の4つの要素
  7・2・2 一般の測光と分光的方法による測光の相違
  7・2・3 分光的方法による測光の特徴
 7・3 分光分布を測定することの意味
  7・3・1 評価の目標
  7・3・2 評価の手段
  7・3・3 測定の目標
 7・4 分光放射測定の原理
  7・4・1 一般的な原理
  7・4・2 平滑な連続スペクトルの場合
  7・4・3 孤立した輝線スペクトルの場合
  7・4・4 複合またはブロードニングした輝線スペクトルの場合
  7・4・5 一般のスペクトルの場合
 7・5 スリット波長帯域幅とサンプリング波長間隔に関する要件
  7・5・1 任意の分光分布に対して必要かつ十分な波長帯域幅
  7・5・2 サンプリング波長間隔の条件
 7・6 分光測定のハードウェア
  7・6・1 モノクロメータの基本的特性
  7・6・2 モノクロメータの実際的な使い方
  7・6・3 分光放射測定の入射光学系
  7・6・4 分光放射測定の光電検出器
  7・6・5 分光放射測定の波長走査
  7・6・6 分光測定データの荷重のかけ方
 7・7 分光分布の標準および目盛定め
  7・7・1 分光分布の標準
  7・7・2 黒体炉から分光放射輝度標準電球への目盛定め
  7・7・3 分光放射輝度標準電球から分光放射照度標準電球への目盛定め
  7・7・4 分布温度標準電球
  7・7・5 分光分布の比較測定
  7・7・6 試験電球の分布温度の測定方法
  7・7・7 紫外・赤外域の放射標準
  7・7・8 シンクロトロン放射と黒体放射との比較
 7・8 分光放射測定の実際
  7・8・1 基本的な事項
  7・8・2 波長走査方式の決定
  7・8・3 入射光学系
  7・8・4 モノクロメータと検出器
  7・8・5 使用する標準
  7・8・6 迷光と高次光の対策
  7・8・7 入射のダイナミックレンジの設定
  7・8・8 分光放射測定の実際例
 7・9 分光データの処理(測光量と色に関する量の計算処理)
  7・9・1 光源の分光分布の測定
  7・9・2 光源色の計算
  7・9・3 光源の相関色温度の求め方
  7・9・4 光源の演色評価数の計算
  7・9・5 光源の分光分布測定の手順
 7・10 その他の分光的測定
  7・10・1 物体の分光反射率測定
  7・10・2 透過物体の分光透過率測定
  7・10・3 検出器の分光応答度測定
  7・10・4 モノクロメータ以外の分光装置による分光的測定

8. せん光・明滅光の測定
 8・1 せん光・明滅光の物理測定
  8・1・1 被測定せん光
  8・1・2 被測定量
 8・2 せん光の時間分解分光測光
  8・2・1 被測定せん光とその測光の際の一般的注意事項
  8・2・2 光学系
  8・2・3 受光素子とその特性
  8・2・4 時間特性測定のための電子回路
  8・2・5 測定系の校正
  8・2・6 測定値の処理
 8・3 せん光の測光量の測定
  8・3・1 測定の基本的な考え方
  8・3・2 せん光の光度に関する測定
  8・3・3 せん光の全光束に関する測定
 8・4 視覚的に見たせん光・明滅光の測定
  8・4・1 せん光・明滅光の視覚効果
  8・4・2 フリッカ
  8・4・3 Broca−Sulzer効果
  8・4・4 せん光の実効光度

付録
 1 参考図書
 2 測光関連JIS一覧表
 3 CIE刊行物一覧表
 4 標準比視感度特性
 5 λ), '(λ)挿入値(Hg,Naの主な輝線)
 6 XYZ 表色系における等色関数
 7 101010表色系における等色関数
 8 λ)の表
 9 硫酸バリウムの分光反射率
  9・1 硫酸バリウム粉末圧縮成形面の分光反射率(250〜775nm)
  9・2 硫酸バリウム粉末圧縮成形面の分光反射率(800〜2500nm)
 10 演色評価数計算用の試験色の分光放射輝度率(番号1〜8)
 11 演色評価数計算用の試験色の分光放射輝度率(番号9〜15)
 12 2度視野CIE1960UCS色度図における黒体放射軌跡の座標

索引
記号一覧


戻る