技術者のための 物理&化学入門


目次

T. 物理編

 第1章 単位系と次元
  1−1 国際単位系(SI単位)
  1−2 SI単位の構成について
   1−2−1 SI基本単位   1−2−2 補助単位   1−2−3 SI組立単位
   1−2−4 SI接頭語   1−2−5 SI単位に含まれない単位
  1−3 次元と次元解析
  演習問題

 第2章 力のつり合い
  2−1 力の三要素とベクトル
  2−2 一点に働く力のつり合い
   2−2−1 力の合成と分解   2−2−2 合成した力の大きさと方向
  2−3 剛体
   2−3−1 力のモーメント   2−3−2 偶力   2−3−3 着力点の異なる力の合成
  2−4 物体間に働く力
   2−4−1 静止摩擦   2−4−2 摩擦運動
  演習問題

 第3章 物体の運動
  3−1 速度・加速度
   3−1−1 平均速度と瞬間速度   3−1−2 平均加速度と瞬間加速度
   3−1−3 等速度運動と等速運動   3−1−4 等加速度直線運動   3−1−5 重力による運動
  3−2 運動の法則
   3−2−1 運動の第1法則(慣性の法則)   3−2−2 運動の第2法則
   3−2−3 運動の第3法則(作用反作用の法則)   3−2−4 抗力(反力)
   3−2−5 力の単位   3−2−6 慣性力
  3−3 質点の運動
   3−3−1 質点   3−3−2 質点の直線運動   3−3−3 質点の平面運動
  3−4 剛体の運動
   3−4−1 固定回転軸のある剛体の運動   3−4−2 固定回転軸のない剛体の運動
  3−5 円運動
   3−5−1 等速円運動   3−5−2 周期と回転数   3−5−3 角加速度
   3−5−4 向心力と遠心力
  3−6 回転体の運動
   3−6−1 トルク   3−6−2 慣性モーメント   3−6−3 角運動方程式
  3−7 運動量保存の法則
   3−7−1 運動量と力積   3−7−2 運動量保存の法則   3−7−3 衝突
  3−8 振り子の運動
   3−8−1 単振動   3−8−2 単振り子   3−8−3 バネ振り子
  3−9 万有引力
   3−9−1 ケプラーの法則   3−9−2 万有引力の法則   3−9−3 重力
  演習問題

 第4章 変形する物体の運動
  4−1 力による固体の変形
   4−1−1 弾性と塑性   4−1−2 フックの法則   4−1−3 弾性率
  4−2 静止流体
   4−2−1 静止流体の基本的特性   4−2−2 圧力の単位と定義
   4−2−3 大気の圧力   4−2−4 表面張力と毛管現象
  4−3 運動流体
   4−3−1 定常流   4−3−2 連続の方程式・ベルヌーイの定理
   4−3−3 トリチェリーの定理   4−3−4 ピトー管・ベンチュリーメータ
   4−3−5 粘性と渦   4−3−6 流体中を運動する物体
  演習問題

 第5章 熱現象
  5−1 温度と熱現象
   5−1−1 温度と温度計   5−1−2 固体の膨張   5−1−3 液体の膨張
   5−1−4 気体の膨張
  5−2 気体分子
   5−2−1 気体の圧力と分子運動   5−2−2 分圧の法則
   5−2−3 分子の運動エネルギーと温度   5−2−4 アボガドロの法則
  5−3 熱量と熱の移動
   5−3−1 熱容量と比熱   5−3−2 熱量と温度変化   5−3−3 熱の移動
  5−4 状態の変化
   5−4−1 融解と凝固   5−4−2 気化と凝結
  5−5 熱と仕事
   5−5−1 熱エネルギー   5−5−2 気体の圧力と仕事   5−5−3 熱の仕事当量
   5−5−4 気体の定積変化と定圧変化   5−5−5 気体の等温度変化と断熱変化
  5−6 熱エネルギー
   5−6−1 エネルギー保存の法則   5−6−2 熱力学の第2法則   5−6−3 熱サイクル
  演習問題

 第6章 エネルギー
  6−1 仕事とエネルギー
   6−1−1 仕事   6−1−2 仕事率   6−1−3 力学的エネルギー
  6−2 力学的エネルギー保存の法則
  演習問題

 第7章 幾何光学
  7−1 光の反射と屈折
   7−1−1 光の直進   7−1−2 光の反射の法則   7−1−3 光の屈折の法則
   7−1−4 全反射
  7−2 プリズムと光の分散
   7−2−1 浮上り現象と反射光線の回転   7−2−2 プリズムと光の分散
   7−2−3 光のスペクトル
  7−3 球面鏡とレンズ
   7−3−1 球面鏡   7−3−2 レンズ   7−3−3 レンズの収差

 第8章 波動と振動
  8−1 波動
   8−1−1 波動とは   8−1−2 波の基本式   8−1−3 横波と縦波
  8−2 正弦波
   8−2−1 正弦波とは   8−2−2 正弦波の波動方程式
  8−3 波動の重なり
   8−3−1 波の重ね合せの原理   8−3−2 波の干渉   8−3−3 定常波
  8−4 波の反射
   8−4−1 波の反射とは   8−4−2 入射波と反射波の干渉
  8−5 波の回折
   8−5−1 ホイヘンスの原理   8−5−2 波の回折
  8−6 音波と振動
   8−6−1 音波   8−6−2 音波の反射と屈折   8−6−3 音波の干渉と回折
   8−6−4 音波の強さと振動数   8−6−5 ドプラー効果
  8−7 発音体の振動
   8−7−1 弦の振動   8−7−2 管の振動   8−7−3 音の共鳴(共振)
  8−8 光波
   8−8−1 光波の伝播   8−8−2 光の速さ   8−8−3 光の屈折率と速度
   8−8−4 光波の性質
  演習問題

U. 化学編

 第1章 化学の基礎
  1−1 物質
  1−2 元素
  1−3 原子
  1−4 化学式
   1−4−1 分子式   1−4−2 組成式   1−4−3 構造式
  1−5 液体
   1−5−1 水   1−5−2 蒸発・沸騰   1−5−3 沸点
  1−6 気体
   1−6−1 ボイル・シャルルの法則   1−6−2 気体の状態方程式
   1−6−3 アボガドロの法則
  1−7 固体

 第2章 原子の構造と周期律
  2−1 原子番号と質量数
  2−2 原子量と分子量
  2−3 同位体と質量欠損
  2−4 発光スペクトルと炎色反応
  2−5 原子の構造
  2−6 量子の条件
  2−7 電子のエネルギー準位
  2−8 周期律
  2−9 典型元素と遷移元素
  演習問題

 第3章 化学結合
  3−1 イオン結合
  3−2 共有結合
   3−2−1 共有結合の電子式   3−2−2 水の結合角   3−2−3 極性分子
   3−2−4 電気陰性度
  3−3 水素結合
  3−4 金属結合
  3−5 配位結合
  演習問題

 第4章 溶液
  4−1 溶解度
   4−1−1 固体の溶解度   4−1−2 気体の溶解度
  4−2 濃度表示
  4−3 溶液の性質
  4−4 コロイド溶液
  4−5 電解質
   4−5−1 電離定数   4−5−2 水のイオン積   4−5−3 水素イオン濃度
  演習問題

 第5章 化学反応
  5−1 反応速度
  5−2 化学平衡
  5−3 反応熱
  5−4 ヘスの法則
  5−5 結合エネルギー
  5−6 反応熱と温度変化
  5−7 自由エネルギー

 第6章 酸化還元反応
  6−1 酸化と還元
  6−2 電気化学
  演習問題

 第7章 炭素化合物
  7−1 炭素化合物の特徴
  7−2 脂肪族化合物
  7−3 不飽和炭化水素
  7−4 鎖状炭化水素の誘導体
  7−5 芳香族炭化水素
  7−6 脂環式化合物
  7−7 複素環式化合物
  演習問題


参考文献
演習問題 略解
付録
索引


戻る